バイナンスオーストラリアのオフィス、豪証券投資委員会により捜索を受ける=報道

Binance Australiaのオフィスが捜索を受ける

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の豪州部門バイナンスオーストラリアが、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)によって捜索されたようだ。ブルームバーグが情報筋の話をまとめる形で7月5日報じた。

報道によるとオーストラリア証券投資委員会は今月4日、バイナンスオーストラリアのデリバティブ事業を調査対象とし、同社の複数のオフィスを捜索したとのことだ。

なお現在オーストラリア証券投資委員会による、バイナンスオーストラリアのデリバティブ事業の見直しには、リテール顧客とホールセール顧客の分類が含まれているという。

バイナンスオーストラリアは今年4月に、同国におけるデリバティブ事業のサービスライセンスを、オーストラリア証券投資委員会により取り消されていた。

またバイナンスとしては現在、ドイツやオーストリア、ベルギー、英国、オランダといった欧州諸国において、暗号資産サービスプロバイダー(VASP)のライセンスの取得失敗や申請取り下げなどで、各国の市場から撤退することを発表している状況だ。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:ブルームバーグ
images:iStoks/Rawpixel

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored