マインクラフトのサーバーにビットコイン獲得機能を導入、ゲーム業界向けBTC決済Zebedeeが

ZebedeeがMinecraftのサーバーにBTC獲得機能を導入

ゲーム業界向けにビットコイン(BTC)決済システムを提供するゼベディー(Zebedee)が、人気サンドボックスゲーム「マインクラフト(Minecraft)」のサーバーのひとつであるサトランティス(Satlantis)に、BTC獲得機能を導入したことを7月12日発表した。サトランティスは、コミュニティメンバーが運営するビットコインをテーマにしたカスタムサーバーだ。

今回サトランティスに組み込まれたBTC報酬機能により、ユーザーは同機能によって取得したBTCを、ゲーム内の土地や資源、装備の購入に使用できるようになったとのこと。また取得したBTCは、サトランティス上の他プレイヤーとの取引や、ゼベディーアプリに出金が可能だという。

またサトランティスでは、同サーバーにおける全収益をプレーヤーへの報酬として共有する為、毎日150,000satoshi以上が報酬プールに追加されるとのこと。この仕組みは、ビットコインとマイニングにインスパイアされたもので、同仕組みによりプレイヤーは定期的に報酬の一部を獲得できるという。

サトランティスから共有される報酬については、サトランティス上の特別なクエストで手に入るキーアイテム「エーシック(ASIC)」と、「マインクラフト」上の伝統的な高額資源「エメラルド」を所有していれば、報酬を受け取る確率が増えるとのこと。なおゼベディーは、この仕組みをハッシュレート(マイニング能力)と呼称している。

発表によると、自宅のノートパソコンでビットコインを採掘できないのと同様に、サトランティスから共有される報酬も1人で獲得は難しいという。その為ユーザーは、マイニングプールと呼ばれる専門クラン(共通の目的を持った集団)で他プレイヤーとチームを組むことで、ハッシュレートを向上させ、報酬の獲得チャンスを増やすことが可能になるとのことだ。

ゼベディー(Zebedee)とは

ゼベディーは、ビットコインのライトニングネットワーク(LN)を活用して、ゲームにマイクロペイメントの仕組みを追加できる基盤やAPIを開発者向けに提供している企業だ。ゲームプレイヤー向けにもこの仕組みに対応したウォレットアプリも提供している。

ゲーム開発企業がゼベディーの基盤をゲームに導入することで、プレイヤーがゲーム内で稼いだポイントなどをビットコインとして提供できるようになるとのこと。「スーパーマリオがジャンプして獲得するコインがリアルマネーとなり、プレイヤーは即座に受け取り、使用も可能になる」という例が挙げられている。

ゼベディーは今年3月、ビットコインのライトニングネットワーク(Lightning Network)を利用したグローバル決済サービスの提供開始を発表している。これによりユーザーは、即座にビットコインの収益を自国通貨に変換、また他国にいる友人や家族に法定通貨を送金できるという。

また昨年7月には、シリーズBのラウンドで3500万ドルの資金調達を完了したことを発表しており、このラウンドにはスクウェア・エニックスが出資参加したことが明らかになっている。

関連ニュース

    参考:ZEBEDEE
    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/Mikhail-Konoplev

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    一本寿和

    「あたらしい経済」編集部
    記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
    「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

    「あたらしい経済」編集部
    記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
    「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

    合わせて読みたい記事

    【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

    コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

    【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

    トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資