アスター渡辺創太のスターテイル、日本法人のトークン発行等サポートするBOBGと資本業務提携

スターテイルがBOBGと資本業務提携

Startale Labs(スターテイルラボ)が、BOBG(ボブジー)との資本業務提携を7月13日発表した。この資本業務提携では、スターテイルがBOBGの株式を取得したという。

今回の資本業務提携を通してスターテイルは、BOBGの有するトークン発行、およびweb3の知見をスターテイルのポートフォリオに加え、事業開発を加速させていくと述べている。

スターテイルラボは、Astar Foundation(アスター財団)やWeb3 Foundation(Web3財団)、その他のプロジェクトや大企業との協業を通して、マルチチェーン対応のアプリケーションやインフラを開発するweb3テック企業。同社はシンガポール拠点の企業であるが、日本国内に子会社「Startale Labs Japan」も設置している。

なお同2社のCEOは、日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network(アスターネットワーク)」のファウンダー渡辺創太氏が務めている。

またBOBGは、国内ブロックチェーン事業者に対して、トークンの発行・運用・管理から暗号資産(仮想通貨)上場までを一気通貫で行うシンガポール拠点の企業。

同社の代表を務める増山健吾氏は、double jump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)で「My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)」や「BRAVE FRONTIER HEROES(ブレイブフロンティアヒーローズ)」、「MCH+(エムシーエイチプラス)」の総合プロデューサーや、MCH株式会社の取締役を歴任した人物だ。そのためBOGBでは「マイクリ」のガバナンストークン「MCHC」、ユーティリティトークン「RAYS」の発行実績や知見を活用し活動している。

なおBOBGは昨年7月、シードラウンドにて第三者割当増資による約400,000USD(約5,500万円)の資金調達を実施していた。その際にBOBGへ出資したのは、web3アクセラレーターのArriba Studio(アリーバスタジオ)、国内ブロックチェーン開発企業のCryptoGames(クリプトゲームス)とdouble jump.tokyo。そしてアスターネットワークの開発を主導するステイクテクノロジーズCOOの石川駿氏が個人として出資を行っていた。

関連ニュース

    参考:BOBGスターテイル
    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/Lidiia-Moor

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    大津賀新也

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    合わせて読みたい記事

    【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

    ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ