アスター渡辺創太の「Startale Labs」が渋谷区と連携協定、web3スタートアップ支援などで

「Startale Labs」が渋谷区と連携協定

東京都渋谷区が、Startale Labs(スターテイルラボ)と「スタートアップ・エコシステムの形成に関する連携協定」の締結を3月8日発表した。

スターテイルラボは渋谷区とAstar Network(アスターネットワーク)を活用したweb3事業開発を推進するとしている。

発表によると、今回の連携協定では「スタートアップ・エコシステム形成に関すること」、「web3スタートアップの支援に関すること」、「ハッカソンなどのイベントの開催に関すること」を行っていくとのこと。

スターテイルラボは「本協定をもとに、渋谷区を拠点としてアスターネットワーク及びweb3エコシステムを形成するため、イベントやハッカソンを実施して参ります」とし、また「強力なパートナー・エコシステムと共に、長期的に社会実装を目指したAstar Network上で大規模なweb3プロジェクトを実施します」と述べている。

なおこの協定は2月16日に締結していたとのことで、有効期間は2023年2月16日から3月31日。以降は1年ごとに更新があるとのことだ。

Startale Labsは、Astar Foundation(アスター財団)やWeb3 Foundation(Web3財団)、その他のプロジェクトや大企業との協業を通して、マルチチェーン対応のアプリケーションやインフラを開発するweb3テック企業。同社のCEOは、日本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク」のファウンダー渡辺創太氏が務めている。

なお自治体として福岡市および仙台市が、アスターネットワークの国内コンソーシアム「アスタージャパンラボ(Astar Japan Lab)」に昨年10月・11月から参画している。

また渡辺創太氏率いるアスターエコシステムでは、昨年後半から国内大手企業との連携事例が増えてきている。

昨年10月にはNTTドコモが、アスターネットワークの開発を主導するステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)と、web3の普及に協力して取り組む基本合意の締結をしている。

またステイクテクノロジーズは博報堂と昨年12月に「WEB3.0ハッカソンの企画・運営を行いながらクライアント企業と共にWEB3.0サービスを開発する新会社」、博報堂キースリーを共同で設立している。

なお現在博報堂キースリーは、トヨタ自動車を協賛に迎えたweb3グローバルハッカソンを2月14日~3月25日までの期間にて開催中だ。

そして先月2月には、ソニーグループの事業会社であるソニーネットワークコミュニケーションズがスターテイルラボと「Web3 Incubation Program Powered by Sony Network Communications and Astar」を共同開催することを発表している。

なお同インキュベーションプログラムは、3月中旬から6月中旬まで行われる予定だ。

関連ニュース

参考:渋谷区
デザイン:一本寿和

images:iStocks/IKANIMOKEN

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催