アバランチ(AVAX)「Coreウォレット」のモバイル版、iOSでリリース

「Coreウォレット」のモバイル版がiOSでリリース

レイヤー1ブロックチェーン「アバランチ(Avalanche)」の独自モバイルウォレット「コアモバイル(Core mobile)」のiOS版がアップストア(App Store)からリリースされた。アバランチの開発を主導する米アバラボ(Ava Labs)が3月8日に発表した。

なお「コアモバイル」のアンドロイド(Android)版については、昨年12月14日に先行リリースされていた。

またブラウザ拡張機能の「コアエクステンション(Core Extension)」としては、昨年6月に提供が開始されていた。これらウォレットは総称して「コアウォレット(Core Wallet)」として呼ばれている。

なお「コアウォレット(Core Wallet)」は、アバランチ(AVAX)及びアバランチのサブネット(アバランチを利用して構築された独自のブロックチェーン)、ビットコイン(BTC)そしてイーサリアム(ETH)を含めたEVM互換チェーンのトークン管理できるウォレットだ。

アバラボによると「コアウォレット」を使用してアバランチネットワークにブリッジされたビットコインである「BTC.b」が、2023年に入りライトニングネットワーク上にあるBTCの数を上回り、現在までに2億1,500万ドル以上のボリュームとなっているとのことだ。

アバランチは、2020年9月にメインネットをローンチしたレイヤー1(L1)ブロックチェーン。アバランチでは異なるデータ構造を採用する3つのブロックチェーンを持つマルチチェーンフレームワークを採用し、重要機能の役割を分担している。そのためContract Chain(C-Chain)、Platform Chain(P-Chain)、Exchange Chain(X-Chain)が存在している。AVAXはアバランチのネイティブトークンだ。

なお「コアウォレット」では、C-Chainとビットコイン間のブリッジをサポートしている。

関連ニュース

参考:公式ミディアム
デザイン:一本寿和

images:iStocks/-GOCMEN–

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察