アバランチ「Coreウォレット」、コインベースペイに対応開始

Coreウォレットがコインベースペイに対応開始

レイヤー1ブロックチェーン「アバランチ(Avalanche)」の独自ウォレット「コアウォレット(Core Wallet)」が、「コインベースペイ(Coinbase Pay)」の対応開始を12月21日発表した。

これにより「コアウォレット」から「コインベースペイ」を通して、直接暗号資産の支払いが可能になるとのこと。また既存のコインベースユーザーは追加の登録プロセスを踏むことなく、保有する資産を「コアウォレット」へ転送可能になったという。

ちなみに「コインベースペイ」では、200以上の暗号資産と60以上の法定通貨をサポートしているとのことだ。

なお今回の対応は「コアウォレット」のブラウザ拡張版のみ対象とのこと。アンドロイド(Android)版についてはサポート対象外になるとのこと。

以前から「コアウォレット」では暗号資産決済プロバイダのムーンペイ(MoonPay)を導入している。今回の「コインベースペイ」対応で、「コアウォレット」からサードパーティープロダクトを通じて暗号資産の購入ができるのは2社目となる。

関連ニュース

アバランチ「Coreウォレット」モバイル版、Androidからリリース

アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーン対応開始

アバランチ(AVAX)、ビットコインのブリッジ機能追加と独自ウォレット「Core」発表

アバランチ(AVAX)で「Rust言語」のみで開発が可能に、「Rust SDK」がリリース

INXのデジタル資産プラットフォーム、アバランチ(AVAX)と機能統合へ

参考:アバランチ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Molnia

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表