Uniswap、法定通貨で暗号資産購入可能に。MoonPayと提携で

Uniswap、法定通貨で暗号資産購入可能に。

DeFi(分散型金融)プロトコルのユニスワップ(Uniswap)が、クレジットカード、デビットカード、銀行口座振込を通した暗号資産(仮想通貨)の購入機能の提供開始を12月20日に発表した。

この機能は、ユニスワップと暗号資産決済サービス提供のムーンペイ(MoonPay)の提携により実現した。

この機能導入によりユーザーは、ユニスワップのウェブアプリにアクセスすることで、ムーンペイの機能を通して米国を含む160カ国以上でクレジットカードや銀行送金を使い暗号資産の購入が可能になった。なお日本はサービス対象外となっている。

また法定通貨での決済において、USDCのスプレッドは手数料なし、市場最安値の処理手数料、即時アクセスでサービス提供していく方針とのことだ。 ・そして12月20日時点で対応する暗号資産はDAI、ETH、MATIC、USDC、USDT、WBTC、WETHとのこと。また対応するチェーンは、イーサリアムのメインネット(Ethereum mainnet)、ポリゴン(Polygon)、オプティミズム(Optimism)、アービトラム(Arbitrum)となっている。

なお法定通貨で暗号資産を購入する場合、ユーザーはムーンペイのAMLやKYCのプロセスが必要となるとのこと。また米国ユーザーについてはWETHとWBTCは購入できないとのことだ。

ムーンペイのCEOであるイワン・ソトライト(Ivan Soto-Wright)氏は「ユニスワップはweb3における最大かつ最も重要な取引プラットフォームの1つです。ムーンペイは分散型取引所の法定通貨決済サービスのプロバイダーとして選ばれたことを誇りに思います。私たちは共に、アクセシビリティとユーザビリティをどのようにDeFiに組み込むか、つまり世界をweb3に乗せることを容易にする方法を紹介しているのです」とリリースで伝えている。

なおムーンペイは、このような暗号資産やNFT取引の決済インフラの需要を受けてか、昨年11月にはシリーズAで約630億円(5億5500万ドル)の出資を受け、半年も経たない今年4月には同シリーズの追加調達として約109.2億円(8700万ドル)の出資を受けている。

参考:Uniswap
images:iStocks/royyimzy・dalebor
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した