アクセンチュアがweb3企業Parfinに戦略的投資

アクセンチュアがパルフィンへ戦略的投資

アクセンチュアが、web3企業パルフィン(Parfin)に戦略的投資を行ったと6月20日発表した。なお今回の投資額などを含む詳細は明かされていない。

パルフィンは2019年設立のweb3インフラストラクチャサービスを提供する企業。同社はロンドンとリオデジャネイロを拠点に、デジタル資産のカストディ・取引・トークン化・管理ツールを、機関投資家向けに提供している。

ブラジルでは現在、ブラジル中央銀行(BCB)が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「デジタルレアル」の実証実験を進めているが、パルフィンは同実証実験にも参加している。

またパルフィンは、暗号資産(仮想通貨)事業者が分散型金融(DeFi)と資産トークン化に参加できるように設計された、パーミッション(許可制)型ブロックチェーンの「パーチェーン(Parchain)」を開発している。なお「Parchain」はイーサリアム互換であり、レイヤー0の思想のもと開発されているブロックチェーンとのことだ。

パルフィンによれば「Parchain」は、ブラジルのCBDCである「デジタルレアル」の範囲を広げる役割を果たすとのことだ。

なお、分散型台帳技術(DLT)を用いた「デジタルレアル」の実証実験は2024年2月をめどに完了する予定で、一般利用は2024年末に開始される予定となっている。

アクセンチュアブラジルの金融サービスグループリードのマウリシオ・バルボサ( Mauricio Barbosa)氏は、「Web3、新しい形のデジタルアイデンティティ、パルフィンのようなエンドツーエンドのデジタル資産プラットフォームは、世界の金融サービス企業にデジタル資産戦略の見直しを迫っている」と述べている。

アクセンチュアの成長市場CEO、レオナルド・フラミル(Leonardo Framil)氏は「Web3には、特に新興成長市場の金融機関が持っていない新しいインフラが必要であり、パルフィンは、世界中でデジタル通貨の普及を進める当社の戦略にぴったりだ」とコメントしている。

発表によれば、アクセンチュアはアクセンチュア・ベンチャーズ(Accenture Ventures)を通してパルフィンに投資を行ったという。これはアクセンチュア・ベンチャーズによる投資プログラム「プロジェクトスポットライト」の対象となるとのこと。

なお「プログラムスポットライト」への参加は、ラテンアメリカにおいてはパルフィンが初の事例となるとのことだ。

「プログラムスポットライト」について

「プログラムスポットライト」は資金調達だけでなく、新興のテクノロジー・スタートアップ企業とグローバル企業を結び、戦略的イノベーションのギャップを埋めることを目的としたプロジェクトだという。アクセンチュアはスタートアップ企業に対し、自社の持つ専門知識及び企業クライアントへの幅広いアクセスを提供し、スタートアップ企業が人的創造性を発揮してテクノロジーの有望性を実現できるようサポートしているとのことだ。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:アクセンチュアParchainBCB
デザイン:一本寿和

images:iStocks/PierreOlivierClementMantion

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored