コインベース、ブラジルレアルの入出金に対応

コインベースでブラジルレアルの入出金可能に

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、ブラジル中央銀行開発の即時決済システム「ピックス(Pix)」を介した、ブラジルレアルの入出金に対応したことを3月21日発表した。

コインベースでの「ピックス」統合は、コインベースとブラジルの決済ソリューション「Eバンクス(Ebanx)」との提携の下に行われたとのこと。なおこれまでブラジルのコインベースユーザーは、コインベースで扱われている暗号資産をクレジットカードで購入が可能だった。

またコインベースのアプリは完全にポルトガル語へ対応し、ユーザーは24時間365日サポートを受けられるようになったとのこと。

コインベースは2021年にテクノロジーハブをブラジルで設立しており、これまで同国内で40名以上のフルタイムエンジニアを採用している。

その他グループのコインベースベンチャーズとしては、ブラジルの暗号資産管理会社「ハッシュデックス(Hashdex)」と、暗号通資産ベースの金融サービスプラットフォーム「レドン(Ledn)」に投資しているとのことだ。

なお「ピックス」を介したブラジルレアルの入出金に関しては、大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)も対応している。

関連ニュース

参考:コインベース
images:iStocks/mirza-kadic

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した