コインベース、ブラジルレアルの入出金に対応

コインベースでブラジルレアルの入出金可能に

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、ブラジル中央銀行開発の即時決済システム「ピックス(Pix)」を介した、ブラジルレアルの入出金に対応したことを3月21日発表した。

コインベースでの「ピックス」統合は、コインベースとブラジルの決済ソリューション「Eバンクス(Ebanx)」との提携の下に行われたとのこと。なおこれまでブラジルのコインベースユーザーは、コインベースで扱われている暗号資産をクレジットカードで購入が可能だった。

またコインベースのアプリは完全にポルトガル語へ対応し、ユーザーは24時間365日サポートを受けられるようになったとのこと。

コインベースは2021年にテクノロジーハブをブラジルで設立しており、これまで同国内で40名以上のフルタイムエンジニアを採用している。

その他グループのコインベースベンチャーズとしては、ブラジルの暗号資産管理会社「ハッシュデックス(Hashdex)」と、暗号通資産ベースの金融サービスプラットフォーム「レドン(Ledn)」に投資しているとのことだ。

なお「ピックス」を介したブラジルレアルの入出金に関しては、大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)も対応している。

関連ニュース

参考:コインベース
images:iStocks/mirza-kadic

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表