米メタがFacebookとInstagramのNFTサポート廃止へ、4月11日から

メタがNFTのサポートを廃止

米メタ(Meta)提供のフェイスブック(Facebook)およびインスタグラム(Instagram)でのNFTサポートが廃止となる。両SNSのヘルプセンターにて発表となった。

発表によれば、両SNSでのNFTサポートは4月11日(米国時間)より廃止されるという。

メタでは昨年からフェイスブックとインスタグラムにNFT投稿機能を導入していた(FBは一部ユーザーのみ提供)。なおメタはNFTを「デジタルコレクティブル」の名称で取り扱っている。

廃止による影響としては、両SNS上でのNFTの投稿は新たにできなくなる。また過去にシェアしたNFTは、エフェクト及びブロックチェーン情報のない投稿として残るという。なお同投稿はいつでも削除可能だ。

またNFTのアカウントとのリンク及び関連付けは維持されないという。関連付けのタブでNFTを閲覧したり、ウォレットのリンク設定の管理もできなくなるとのこと。

また、両SNSにおけるNFTに関する情報へのアクセス・ダウンロードもできなくなるとのことだ。

なおメタのシステム内にあったウォレットアドレスなどのデータは、同社のプライバシーポリシーと利用規約に従って保存もしくは削除されるとのことだ。

メタがNFTに関する取り組みを終了することは、同社コマース及び金融テクノロジー責任者のステファン・カスリエル(Stephane Kasriel)氏により3月14日ツイートされていた。

理由として、人々・企業に需要のあるフィンテック・ツールへの投資及び強化などが挙げられていた。

関連ニュース

参考:InstagramFacebook
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ