アニモカジャパンのCEOにライフネット生命元会長の岩瀬大輔氏が就任

アニモカジャパンのCEOに岩瀬大輔氏が就任

Animoca Brands(アニモカブランズ)の戦略的子会社Animoca Brands株式会社(アニモカブランズジャパン)のCEO兼代表取締役に岩瀬大輔氏が就任したことが4月10日発表された。

アニモカブランズは、香港を拠点にブロックチェーンゲーム開発やNFTおよびメタバース分野への投資を行うユニコーン企業。アニモカブランズジャパンは、日本の知財やコンテンツ(IP)ホルダーの、web3に関する世界展開を支援する目的で2021年10月に設立されている。

また岩瀬大輔氏は、香港拠点のNFTプラットフォーム「Kollektion(コレクション)」の運営元であるKLKTN(コレクション)の共同創業者。また同氏はライフネット生命保険の元取締役会長や、香港の生命保険会社AIAグループの本社経営会議メンバー兼 Group Chief Digital Officer(最高デジタル責任者)も務めていたこともある人物だ。

なお岩瀬氏はコレクションの他に、DeFi(分散型金融)の保険プロトコルを開発するInsureDAO(インシュアー・ダオ)でチェアマンも務めていた。

今回岩瀬氏は、3月29日付でCEO兼代表取締役を退任した谷元樹氏の後任を務めることになる。

岩瀬氏はリリースにて「日本企業がWeb3を通じて資産価値を解き放つ可能性は計り知れません。 Animoca Brandsのリーダーシップチームとその400のポートフォリオ企業と緊密に協力し、この素晴らしい機会を実現することを楽しみにしています」とコメントしている。

関連ニュース

参考:アニモカブランズジャパン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/4×6

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表