バイナンスUS、新たな銀行パートナー探しに苦戦か=報道

パートナー銀行を失ったバイナンスUS

大手暗号資産(仮想通貨)バイナンス(Binance)の米法人「バイナンスUS(Binance.US)」が、現地での新たな銀行パートナー探しに苦戦しているようだ。ウォールストリートジャーナル(WSJ)が関係者の話をまとめる形で4月8日報じた。

報道によると、これは3月に起きたシグネチャー銀行(Signature Bank)の閉鎖が影響しているという。

バイナンスUSは以前、シグネチャー銀行・シルバーゲート銀行(Silvergate Capital Corp.)のいずれかでユーザーのドル預金を保管していた。しかし両行の閉鎖を受け、現在は、一時しのぎとして仲介業者プライムトラスト(Prime Trust LLC)を介して資金を保管しているとのこと。

なおバイナンスUSが発表している米ドル入出金に関する4月7日のアップデートでは、「銀行業界の最近の動向により、当社は今後数週間にわたり、新しい銀行および決済サービスプロバイダーへの移行を行います。移行期間中、一部の米ドル預金サービスに一時的な影響が生じます。Apple PayとGoogle Payの入金は一時的に利用できません」と記載されている。

バイナンスUSはここ数カ月の間に、ニュージャージー州のクロスリバー銀行(Cross River Bank)とペンシルベニア州の地銀であるカスタマーズ・バンコープ(Customers Bancorp Inc.)などの複数の銀行と銀行関係を構築しようと試みたが、失敗に終わっているという。

苦戦している理由

一部銀行がバイナンスUSとの関係構築に消極的だった理由には、規制リスクに対する懸念があったことも関係者により明らかとなっている。

バイナンスの複数の事業体及び同社CEOのCZ(Changpeng Zhao)氏は3月27日、米CFTC(商品先物取引委員会)より提訴されている。CFTCは、バイナンスが意図的にCFTCに登録せずに長期に渡り商品取引所法(CEA)を無視してサービス運営を行ったとして、複数の違反行為を告発していた。

またバイナンスは3月、10億ドル(約1,343億円)相当におよぶ米ドルステーブルコインBinance USD(BUSD)をビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、バイナンスコイン(BNB)に交換していくことを発表。

同社CEOのCZ氏によれば、この取り組みはシリコンバレー銀行(Silicon Valley Bank:SVB)・シグネチャー銀行の経営破綻と、SVBの破綻に伴ない一時1:1の価値を保てなくなった米ドルステーブルコインUSD Coin(USDC)の状況を踏まえたものと発表されていた。

関連ニュース

参考:バイナンスUS
images:iStock/salarko

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している