米ステートストリート、英カストディ企業Copperとの業務提携を終了=報道

ステートストリートとコッパーが業務提携を終了

米大手資産運用企業ステートストリート(State Street)と暗号資産(仮想通貨)カストディアンの英コッパー(Copper)が、業務提携を終了した。米コインデスクが3月17日報じた。

ステートストリート・デジタルとクーパーは、昨年3月に契約を締結していた。これによりステートストリートは暗号資産カストディサービスを提供開始するとみられていた。

報道によると今後両社はそれぞれで、製品開発を行いデジタル戦略を構築していくという。

なおステートストリートは引き続き、トークン化された証券のみならずネイティブトークンの多角的なソリューションに取り組むとのこと。

ステートストリートは暗号資産やブロックチェーン領域に対応するため、ステートストリート・デジタルを2021年6月に立ち上げている。ステートストリート・デジタルでは、ステートストリートのデジタルアセットに特化した新部門として、分散型台帳技術・暗号資産・中央銀行デジタル通貨(CBDC)・ブロックチェーン・トークン化などに関する事業などを担っている。

なおコッパーは事業戦略変更に伴い、事業再編を行うことを3月17日に発表していた。人員を削減し、今後はカストディ事業の他、取引所外取引ツール・決済ネットワーク提供サービスの「Clear Loop」に注力していくという。

なおコッパーは人員削減の理由を「デジタル資産分野における現在の厳しい状況、不透明な米国の規制環境、および戦略的な提供に注力する意向を踏まえ、事業の合理化を進めた結果」と説明している。

関連ニュース

参考:コッパー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SasinParaksa

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ