アバランチ(AVAX)、トランザクションデータ活用をサポートする「Glacier API」β版公開

アバランチが「Glacier API」β版発表

レイヤー1ブロックチェーン「アバランチ(Avalanche)」の開発を主導する米アバラボ(Ava Labs)が、ブロックチェーンデータをインデックス化して利用できるAPI「Glacier API(グレイシアAPI)」のベータ版リリースを3月1日に発表した。

「Glacier API」利用によりweb3開発者は、リアルタイムだけでなく過去のトランザクションデータを活用するアプリケーションを簡単に構築できるようになるという。アバラボは同APIによって「開発者にエクスプローラーやウォレット サービス、トークン転送などに役立つ幅広い有用なデータを提供する」と説明している。

「Glacier API」はアバランチだけでなく、アバランチのサブネット、またイーサリアム(Ethereum)のEVM(イーサリアムバーチャルマシン)と互換性のあるブロックチェーンのデータを取得することができるとのこと。

アバラボの日本責任者であるロイ氏によると、同APIはアバランチのサブネット全てをインデックスする為、インデックス開発の必要が無く、より簡単に独自チェーンが開発出来るようになったとのことだ。

現在「Glacier API」の利用は無料だ。そしてユーザーエクスペリエンス調査やバグレポートを提出した利用ユーザーの中からランダムに、限定版のグッズがプレゼントされる予定とのことだ。

アバラボは2月末にアバランチ上で高性能な仮想マシンを搭載したブロックチェーンを構築するためのフレームワーク「HyperSDK(ハイパーSDK)」を公開している。これにより開発者は少ないコードで超高速のブロックチェーンを構築でき、独自のブロックチェーンのカスタマイズに集中した開発が可能となったとのこと。

なお「HyperSDK」は「Glacier API」と同じく、まだ完成版ではない。両者ともに今後のアップグレ―ドにより内容が変更される可能性がある。

関連ニュース

参考:アバラボ
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Myvector

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ