アバランチ(AVAX)、エクスプローラーアップグレードでPチェーン可視化向上

アバランチ、エクスプローラーをアップグレード

アバランチ(Avalanche)を開発するアバラボ(Ava Labs)が、アバランチのブロックチェーンエクスプローラーのアップグレードを1月31日に発表した。

今回のアップグレードにより、アバランチが提供するブロックチェーンエクスプローラーである「アバランチ・エクスプローラー」に「Pチェーン・エクスプローラー」の機能が追加されたとのこと。

Pチェーンはアバランチを構成するメインチェーンの一つ。アバランチは、資産の取引を担う「Xチェーン」、コントラクトの作成および実行を担う「Cチェーン」、バリデーターの調整とサブネットの作成を担う「Pチェーン」の3つのメインチェーンから構成されるブロックチェーンプラットフォームであり、ユーザーはアバランチ上に相互運用可能な独自のブロックチェーン(サブネット)を作成できる仕組みとなっている。

今回追加された「Pチェーン・エクスプローラー」を使用することで、アバランチにおけるバリデーター、ステーキング、報酬分配、サブネットの作成状況などを確認できるようになる。これによりPチェーンの可視性が向上し、アバランチのエコシステムが、ユーザーと開発者の双方にとってより透明性の高いものになるとのことだ。

アバラボのプロダクト管理責任者であるアカシ・グプタ(Akash Gupta)氏は「新しいPチェーン・エクスプローラーはバリデータ、報酬、およびアクティブなサブネットの追跡を簡単にします。またエクスプローラーを使用することでユーザーはアバランチの柔軟なシステムと堅牢なサブネット機能を容易に理解できるようになります」とコメントしている。

関連ニュース

アバランチ(AVAX)のノード運営がAWSで可能に、両社提携で

Shopify、アバランチ(AVAX)NFTの作成・販売が可能に

アバランチのDEX「Trader Joe」とNFTマーケ「Joepegs」、BNB Chainにマルチチェーン対応へ

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応開始

国際チェス連盟がアバランチ(AVAX)と提携、チェスにweb3導入へ

参考:Avalanche
デザイン:一本寿和
images:iStock/sandipruel-

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている