国際チェス連盟がアバランチ(AVAX)と提携、チェスにweb3導入へ

国際チェス連盟がアバランチと提携

国際チェス連盟(FIDE)がレイヤー1ブロックチェーンのアバランチ(Avalanche)と提携し、web3プロダクトの開発を進めていることが、12月23日発表された。この提携は、2022年12月25日から30日にかけてカザフスタンのアルマトイで開催されている、FIDEのメインイベントの「2022年世界ラピッド&ブリッツ選手権」より開始されるとのことだ。

アバランチとアバランチの独自ウォレットの「コアウォレット(Core Wallet)」は、世界ラピッドおよびブリッツ選手権を含むFIDEトーナメントにスポンサーとして参加し、FIDEのプロダクト開発に投資するという。

またリリースによると、アバランチの開発を主導する米アバラボ(Ava Labs)とFIDEは、密接に提携し「ブロックチェーンを使用してチェスの課題に取り組み、選手や連盟の運営効率を高め、ゲームの整合性を向上させ、新しい世代の選手を取り込み、イノベーションをパワーアップさせる予定」だとしている。

具体的には、オンチェーン上での、公式プレイヤーレーティングの計算トーナメントデータの公開、パーソナライズ体験の追加、オンチェーンゲームデータを利用したFIDEゲームエクスプローラーのリリース、そしてアバランチ上でのトーナメント賞金総額の発行等のイノベーションの提供が挙げられている。

FIDEのCEOエミール・ストフスキー(Emil Sutovsky)氏は「アバラボはオンチェーン技術のリーダー、原動力の1つであり、FIDEはプレイヤーのエンゲージメントとエクスペリエンスの向上に常に取り組んでいる。チェスはユニークなスポーツであり、このパートナーシップによってコミュニティを一つにし、プレーヤー、クラブ、連盟、FIDEの絆を強めることができる」とコメント。

アバラボのCEOエミン・ギュン・シラー(Emin Gün Sirer)氏は「チェスをオンチェーン化することで生まれる可能性は、チェスのゲームそのものと同じくらい無限大だ。FIDEをアバランチのコミュニティに迎え、チェスを新しい時代へと導くことができ、とても嬉しく思う。アバランチでは、世界中のプレーヤーがこれまでにないチェス体験を提供できる」と述べている。

アバランチは今年3月、独自ウォレットアプリ「コア(Core)」を立ち上げることを発表。6月に独自ウォレット「コアウォレット(Core Wallet)」がローンチされていた。また、同ウォレットは12月14日にモバイル版がリリースされ、21日には「コインベースペイ(Coinbase Pay)」の対応開始が発表されていた。

FIDEはチェスの統括団体であり、すべての国際チェス競技を規制している。非政府組織として設立され、1999年に国際オリンピック委員会から世界的なスポーツ組織として承認されている。 

関連ニュース

アバランチ「Coreウォレット」、コインベースペイに対応開始

アバランチ(AVAX)、「Avalanche Warp Messaging」導入、サブネット間でブリッジ不要に

グリーがアバランチ(AVAX)の「Ava Labs」と提携、新設子会社「BLRD」通じて日系企業初

アバランチ(AVAX)、ビットコインのブリッジ機能追加と独自ウォレット「Core」発表

アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーン対応開始

参考:アバランチ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/whyframestudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

Sponsored