長寿研究の「VitaDAO」、製薬大手ファイザーらから約5.3億円資金調達

科学系分散型組織VitaDAO、ファイザーなどから410万ドル調達

長寿研究へ資金を提供する分散型組織「VitaDAO(ヴィータダオ)」が、米製薬会社ファイザー(Pfizer)のベンチャー部門らを出資者とする410万ドル(約5.3億円)の資金調達完了を1月30日に発表した。

VitaDAOは、人間の健康寿命の延長を目的として、アーリー段階の長寿研究プロジェクトに資金を提供し、長寿バイオテクノロジーのスタートアップ企業を独立させるために活動するイーサリアム(Ethereum)ベースの分散型組織である。現在VitaDAOのコミュニティには9000人以上の研究者や支援者が参加しており、これまでに15以上のプロジェクトに350万ドル(約4.5億円)以上の投資を行っているとのこと。

今回の資金調達には、ファイザー・ベンチャーズ(Pfizer Ventures)、シャイン・キャピタル(Shine Capital)、L1デジタル(L1 Digital)、コインベース元CTOのバラージー・スリニヴァンセン(Balaji Srinivasan)氏などが参加したとのことだ。

今回調達した資金は、VitaDAO初となるバイオテクノロジーのスタートアップの独立や、VitaDAOの親組織であるモルキュール(Molecule)との提携によるIP-NFT資産(NFT化された特許)の商用化に使用されるとのことだ。

なお今回の資金調達により、ファイザー・ベンチャーズは製薬会社のベンチャーパートナーとして初めて科学系分散型組織に出資した企業となったとのこと。また同社はVitaDAO内の投票や投資先の選定などにも積極的に関わっているとのことだ。

関連ニュース

【取材】Oasys、完全DAO化に向けガバナンスを立ち上げ

MakerDAO、DAI預入「DSRコントラクト」の固定利回りを1%に

DAIの「MakerDAO」が新プロトコル「Maker Teleport」発表、ほぼ即時の高速ブリッジ実現へ

web3コンテンツスタジオStoryCo、シードで約7.8億調達、SBT活用も

YGG Japanがプライベートラウンドで約4億円調達、スクエニ・セガ・グリーなど18社より

参考:VitaDAO
images:iStock/wvihrev

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資