The SandboxがサウジアラビアDGAと提携、メタバースで相互支援へ

ザ・サンドボックスがサウジアラビアデジタル政府機関と提携

NFTゲーム提供のザ・サンドボックス(The Sandbox)の共同創設者兼COOセバスチャン・ボルジェ(Sebastien Borget)氏が、サウジアラビアのデジタル政府機関(DGA)とメタバース活用へ向けた提携の覚書(MOU)を締結したと2月8日自身のツイッターで発表した。

この覚書締結は、サウジアラビアの首都リヤドで開催されたテック業界イベント「LEAP Tech Conference in Saudi Arabia 2023(LEAP23)」にて行われたとのこと。セバスチャン氏は自身のツイッターで締結の喜びを伝え、メタバース活用に向けた相互支援への期待を伝えている。

今回の発表では、提携内容の詳細などは明かされていないが、ボルジェ氏によると、詳細は「今後数週間」のうちにあきらかになるとのことだ。

ザ・サンドボックスとは

ザ・サンドボックスはイーサリアムブロックチェーン上に構築されている、オープンワールドのNFTゲームだ。

ザ・サンドボックスでは、仮想の土地「LAND(ランド)」を使ってメタバース上のビジネスの立ち上げや、ピクセルモデルを制作するボクセルアーティストとして活動するなど、様々な遊び方ができる。またゲーム内通貨として流通するSANDは、NFTの購入やゲーム内のサービスを利用する際に使用が出来る。

なおSANDは現在、暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、OKX(オーケーエックス)、Gate.io(ゲート)、クラーケングローバル(Kraken Global)、クーコイン(KuCoin)などで取り扱われている。

昨年12月には、ブロックチェーンのセキュリティ企業オープンゼッペリン(OpenZeppelin)と提携し、メタバースのセキュリティサービスを開始している。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察