ビットバンクにザ・サンドボックス(SAND)上場へ、国内3例目

SANDがビットバンクに上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンク(bitbank)が、暗号資産ザ・サンドボックス(SAND)の取扱い予定を1月20日発表した。

SANDが国内取引所に上場するのはコインチェックとコインベースに続き3例目。なおコインベースは1月18日より事業縮小を理由に取引停止している。

発表によるとSANDの取り扱い開始は1月25日を予定しているとのこと。対応サービスは入出金・取引所(板取引)・販売所・レンディングサービス「暗号資産を貸して増やす」となる。

なお現物取引所では、SAND/JPYの取引ペアが取り扱われる。最小注文数量/取引単位は0.0001SAND、指値の場合の最大注文数量は1,000,000SANDとなっている。

またレンディングサービスの募集開始はSANDの取扱開始日の25日14:00を予定しているとのことだ。なおビットバンクの「暗号資産を貸して増やす」では、ビットバンクとユーザーが暗号資産の消費貸借契約を締結し、ユーザーが最大年率3%の暗号資産を1年後に受け取ることができるサービスだ。

ビットバンクのSAND取扱いに際しての注意点として、SAND預入・引出がイーサリアム(Ethereum)ネットワーク上のERC20トークンにのみ対応するとのこと。ポリゴン(Polygon)ネットワークからビットバンクへSANDを送信した場合に回復処理は不可能であるとのことだ。

なおSANDが予定通り上場すれば、ビットバンクは合計24銘柄の暗号資産を取り扱うことになる。

現在ビットバンクの現物取引所では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、シンボル(XYM)、チェーンリンク(LINK)、メイカー(MKR)、ボバネットワーク(BOBA)、エンジンコイン(ENJ)、ポリゴン(MATIC)、ポルカドット(DOT)、ドージコイン(DOGE)、アスター(ASTR)、カルダノ(ADA)、アバランチ(AVAX)、フレア(FLR)、アクシーインフィニティ(AXS)の取引が行われている。

SAND選定理由について

「あたらしい経済」編集部がSANDを取り扱った理由について、ビットバンク事業開発部担当者へ取材したところ、以下の回答が得られた。

ザ・サンドボックスとは、Ethereumブロックチェーン技術を基盤としたユーザー主導のゲームプラットフォームです。SANDはザ・サンドボックス上のアイテム購入、ステーキング、ゲーム運営の方針を決定するためのガバナンス投票に使用することができます。

2018年より稼働を開始したザ・サンドボックスは、様々なクリエイターやIPと連携し、NFTやメタバース領域の拡大に貢献しています。bitbankでは、メタバース領域を牽引するプロジェクトの1つとして、多くの方に知って頂きたいという思いで選定を行いました。

関連ニュース

ビットバンク、Flare Networksの「フレア(FLR)」取扱と付与の日程決定

【取材】国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ

ビットバンク、「ETHW」に続き「Ethereum Fair(ETHF)」も日本円で交付へ

【取材】ビットバンクと三井住友トラストが暗号資産カストディ事業、デジタルアセット信託会社設立へ

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

参考:ビットバンク
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored