【取材】国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ

AXSがビットバンクに上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンク(bitbank)が、暗号資産アクシーインフィニティ:Axie Infinity Shards(AXS)取扱い予定を12月2日発表した。

AXSはブロックチェーンゲーム「アクシーインフィニティ(Axie Infinity)」のゲーム内通貨だ。予定通りAXSがビットバンクに上場すれば国内ににおいて初の事例となる。

発表によるとAXSの取り扱い開始は7日を予定しているとのこと。対応サービスは入出金・取引所(板取引)・販売所・レンディングサービス「暗号資産を貸して増やす」となる。

なお現物取引所では、AXS/JPYの取引ペアが取り扱われる。最小注文数量/取引単位は0.0001AXS、指値の場合の最大注文数量は100,000AXSとなっている。

またレンディングサービスの募集開始はAXSの取扱開始日の7日14:00を予定しているとのことだ。なおビットバンクの「暗号資産を貸して増やす」では、ビットバンクとユーザーが暗号資産の消費貸借契約を締結し、ユーザーが最大年率3%の暗号資産を1年後に受け取ることができるサービスだ。

AXS上場に際しての注意点として、今回ビットバンクが対応するAXS預入・引出については、イーサリアム(Ethereum)ネットワーク上のERC20トークンにのみ対応するとのこと。「アクシーインフィニティ」の運営元であるスカイメイビス(Sky Mavis)が運営しているサイドチェーンのローニン(Ronin)ネットワークからビットバンクへAXSを送信した場合に回復処理は不可能であるとのことだ。

なおAXSが予定通り上場すれば、ビットバンクは合計22銘柄の暗号資産を取り扱うことになる。

現在ビットバンクの現物取引所では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、シンボル(XYM)、チェーンリンク(LINK)、メイカー(MKR)、ボバネットワーク(BOBA)、エンジンコイン(ENJ)、ポリゴン(MATIC)、ポルカドット(DOT)、ドージコイン(DOGE)、アスター(ASTR)、アバランチ(AVAX)の取引が行われている。

なおその他にもフレア:旧名スパーク(FLR)の取り扱い予定も発表されており、現在上場待ちの状況だ。

AXS選定理由について

「あたらしい経済」編集部がAXSを取り扱った理由について、ビットバンク事業開発部担当者へ取材したところ、以下の回答が得られた。

アクシーインフィニティは、NFTを活用した3対3のカードバトルによって世界中のプレイヤーと対戦可能なブロックチェーンゲームです。AXSは、アクシーインフィニティ上のゲーム内決済、ステーキング、エコシステムの方針を決定するためのガバナンス投票に使用することができます。

2018年にリリースされたアクシーインフィニティは、2021年に東南アジアを中心にプレイヤー数を拡大させ、ブロックチェーンゲームにおける「Play to Earn」の先駆けとなりました。

bitbankでは、アクシーインフィニティ(AXS)を通じて、国内のブロックチェーンゲームユーザーに新たな取引機会を提供するために選定を行いました。

関連ニュース

ビットバンク、「ETHW」に続き「Ethereum Fair(ETHF)」も日本円で交付へ

【取材】ビットバンクにアバランチ(AVAX)上場へ、Cチェーンで

ビットバンク、アスター(ASTR)とカルダノ(ADA)を販売所で取扱い開始

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ

アクシー資金流出に北朝鮮ハッカー集団関与か、米財務相が特定

参考:ビットバンク
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ