キャシーウッドのアークインベスト、シルバーゲートのポジションをほぼ清算

アークインベストがシルバーゲートのポジションをほぼ清算

米資産運用会社アークインベスト(ARK Investment Management)が、同社保有のシルバーゲートキャピタル(Silvergate Capital Corporation)の株式403,990株を売却したことを1月5日に開示した。シルバーゲートはシルバーゲート銀行(Silvergate Bank)を通じて、暗号資産(仮想通貨)関連サービスを含めた金融業務を展開する金融持株会社である。

シルバーゲートは5日、顧客から預かっているデジタル資産が急減したことを発表。これにより同社の株価は40%以上急落していた。アークインベストは今回この株価急落を受けて、保有するシルバーゲートの株式を売却した。

この売却は、アークインベスト保有のシルバーゲート株をほとんど清算するものとなった。売却した株は資産総額約6億4500万ドルの「ARK Fintech Innovation ETF(ARKF)」で運用していたものとなる。なおアークインベストの旗艦ファンドである約59億ドルを運用する「ARK Innovation fund(ARKK)」は、シルバーゲートにポジションを取っていない。

シルバーゲートでは投資家がFTXの経営破綻を受けて、80億ドル以上の預金を引き揚げた。その後シルバーゲートは従業員の40%を削減することを発表していた。なおシルバーゲートは昨年9月末時点で119億ドルあった顧客預かり資産が、昨年12月末には38億ドルまで減少している。

投資信託評価会社モーニングスター(Morningstar)のデータによるとアークインベストは、2019年11月に初めてシルバーゲートの株式を購入した。

シルバーゲートの株価は5日の昼間の取引で9.2%下がったが、「ARK Fintech Innovation ETF(ARKF)」の株価は0.8%上がった。

関連ニュース

米シルバーゲートの暗号資産預金残高が大幅減少、社員200人削減も

キャッシー・ウッド氏率いるアークインベスト、ビットコインETFをSECへ申請

ディエム(旧リブラ)が資産売却で閉鎖、シルバーゲートが買収し今年ステーブルコイン発行へ

キャシーウッドのARK Invest、暗号資産SMA運営Eaglebrookと協業

米アークインベスト、100億円相当のコインベース株を売却

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Wood’s Ark Invest nearly liquidates Silvergate Capital position
Reporting by David Randall; Editing by Josie Kao
参考:ARKFARKK
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ