キャッシー・ウッド氏率いるアークインベスト、ビットコインETFをSECへ申請

キャッシー・ウッド氏率いるアークインベスト、ビットコインETFをSECへ申請

米国著名投資家キャッシー・ウッド氏率いるアーク・インベスト(ARK Invest)がビットコイン上場投資信託(ETF)の申請を米国証券取引委員会(SEC)へ6月28日に行なったことを明らかにした。ビットコインETFの名称は「ARK 21Shares Bitcoin ETF」である。

ファンドの受託者(Trustee)はデラウェア・トラスト・カンパニー(Delaware Trust Company)、管理会社(Administrator)はバンク・オブ・ニューヨークメロン(The Bank of New York Mellon)、信託銀行(Custodian)はコインベース・カストディ(Coinbase Custody Trust Company)が務めることになっている。

「ARK 21Shares Bitcoin ETF」は、Cboe BZXにて取引される普通受益権株式を発行する上場投資信託となっている。また同ETFはS&P Dow Jones Indicesが開発した「S&P Bitcoin Index」に基づいて日々評価されるこの株式を通じて、ビットコインへの直接的なエクスポージャーを提供することを目的としているとのことだ。

アーク・インベストがSECへ提出した書類では、ビットコインの価値やリスクについて「ビットコインの市場価値は、特定の企業、政府、資産とは関係ありません。ビットコインの評価は、ビットコインネットワークの価値、ビットコインの取引数、資産としてのビットコインの全体的な利用状況に関する将来の予想に依存しています。

これは、ビットコインの価値のかなりの部分が投機的なものであることを意味し、ボラティリティの増大につながる可能性があります。投資家は、ビットコインの評価に応じて、本信託の保有資産に大きな利益、損失および/または変動が生じる可能性があります」と説明されている。

参考:米国証券取引委員会(SEC)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・Abscent84

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored