米アークインベスト、100億円相当のコインベース株を売却

米アークインベストがコインベース株を売却

米アークインベストメントマネジメント(ARK Investment Management)が、合計で140万株以上のコインベース株を売却したことが7月27日分かった。同社が通知する最新のトレードファイリング(取引通知)によって売却の事実が明らかになった。

アークインベストは今週火曜日から水曜日にかけて約100億円相当の140万株のコインベース株を売却したとのことだ。売却の内訳はアークインベスト最大のETFであるアーク・イノベーション・ETFから113万株、アーク・ネクストジェネレーション・インターネット・ETFから17万株、アーク・フィンテック・ETFから11万株となっている。

いずれのETFにおいても売却されたコインベース株がファンドの保有資産に占める割合は1%に満たない。

コインベース株は2021年4月の上場時に400ドルの価格を記録したが、それ以降は最高値を更新することなく下落しており、直近1か月は60ドル付近で推移している。

また今週月曜には、米証券取引委員会(SEC)が、コインベースが証券として登録すべき暗号資産を米国人に不適切に取引させていたかどうかについて調査していると報道されたため、コインベース株の価格は火曜日に20%ほど下落している。

アークインベストは「破壊的イノベーションへの投資」を標榜する米国の投資会社であり、自動運転、遺伝子工学、ブロックチェーン、IoTなどの次世代技術を取り扱う企業の株で構成されるETFを複数発行している。また投資家のキャシー・ウッド(Cathie Wood)氏がCEO/CIOを務めていることでも知られる企業である。

関連ニュース

米SECがコインベースを調査か、証券として登録すべき暗号資産取扱の有無を

米コインベース元社員らインサイダー容疑で逮捕、上場情報で約2億円

米コインベース、イタリアで暗号資産ライセンス取得

保険証書NFT、IMAフィナンシャルが発行

ドル未満の個人取引を対象に、暗号資産の非課税化法案が米上院に提出

参考:The Block
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ