50ドル未満の個人取引を対象に、暗号資産の非課税化法案が米上院に提出

50ドル未満の個人取引を対象に、暗号資産の非課税化法案が米上院に提出

米国の上院議員である共和党パトリック・トゥーミー(Patrick Toomey)氏と民主党キルシテン・シネマ(Kyrsten Sinema)氏が共同で、デジタル資産を使用した少額決済に対する課税免除を規定する法案「暗号資産課税公平法(Virtual Currency Tax Fairness Act)」を7月26日に提出した。

トゥーミー議員は現在の暗号資産に関する税制について「暗号資産は米国人の日常生活の一部になる可能性を秘めているが、現在の税制がそれを阻んでいる」と述べており、同法案によって「コーヒーを買うような小さな個人取引を非課税にすることで、より簡単に暗号資産を日常の支払い方法として使えるようにする」と説明している。

現行の税制では、決済に暗号資産が使用された場合、その暗号資産の価値が取得時よりも上がっていれば、決済金額にかかわらずキャピタルゲインとして計上され、課税の対象となる。今回提出された法案では、50ドル未満の個人取引または50ドル未満の利益が発生するような個人取引については非課税とすることで、日常取引における暗号資産の使用のハードルを下げることを目指すとのことだ。

またこの免除規定を悪用した脱税を防ぐため、今回提出された法案では「ひとつの取引を構成する複数の少額決済を統合してひとつの決済として扱う」というルールも規定されている。

この法案の賛同者の一人であるコインセンター(Coin Center)のエグゼクティブディレクター、ジェリー・ブリトー(Jerry Brito)氏は「この法案は、小売店での支払い、サブスクリプションサービス、マイクロトランザクションのための暗号資産の使用を促進するでしょう。

さらに重要なのは、ブロックチェーンネットワークの少額手数料取引が非課税となることで、分散型ブロックチェーン・インフラの開発が促進されることです」とコメントしている。

他にもブロックチェーン協会(Blockchain Association)、クリプトイノベーション議会(Crypto Council for Innovation)、デジタルアセットマーケット協会(Association for Digital Asset Markets)、デジタルコマース議会(Chamber of Digital Commerce)など多数の業界団体が、同法案に対する賛同コメントを寄せている。

暗号資産を使用した少額決済に対する課税免除を規定する法案はこれまでにも複数回提出されている。2022年2月には米国下院にて200ドル未満の決済を非課税とする法案が提出されている。また6月には上院にてシンシア・ルミス(Cynthia Lummis)議員とカーステン・ギリブランド(Kirsten Gillibrand )議員によって同様の法案が提出されている。

関連ニュース

英財務省、ステーブルコイン関連法案を議会提出へ

米SECがコインベースを調査か、証券として登録すべき暗号資産取扱の有無を 

米金融規制機構FINRA、暗号資産市場の取組を強化

L1ブロックチェーン開発「Aptos」、FTXやJump Cryptoらから約204億円調達 

三井住友海上が「NFTアート専用保険」提供開始、「HARTi」出品作品対象に

参考:米国上院委員会 
images:iStocks/Pict-Rider・hatchetman
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した