ロシア大手銀スベルバンク、金担保のデジタル資産発行

スベルバンク、金担保のデジタル資産発行

ロシアの大手銀行スベルバンク(Sberbank)が、金担保のデジタル金融資産(DFA)の発行を12月26日発表した。発行基盤となったのはスベルバンクが運用・開発する分散型台帳基盤とのことだ。

また貴金属製品の販売・加工・製造を多角的に行うソルファー(Solfer)が出資者として、金担保デジタル金融資産の発行に関わったとのことだ。

なおスベルバンクは、デジタル金融資産を、規制に準拠したデジタルな金融商品だとしている。またデジタル金融資産の発行、記録および流通は、分散型台帳によって行われ、データの保全が保証されているという。また金担保型デジタル金融資産は、金価格によって価格や数量が変動する金銭的な権利を証明する資産とのことだ。

スベルバンク執行委員会第一副委員長のアレクサンドル・ベデヤキン(Alexander Vedyakhin)氏は「今回の取引は市場と実体経済が新しい金融商品に関心を持っていることを示すものです。私たちは当プラットフォームの法人顧客数が急速に増加することを期待しており、デジタル金融資産の商品ラインアップを拡大する計画です」とコメントしている。

ソルファーのCEOのマキシム・ナズメトディノフ(Maxim Nazhmetdinov)氏は「貴金属と非貴金属を扱う私たちは、新しいデジタルゴールドのフォーマットに興奮し、会社のバランスシートを多様化するために、この新しい方法を試してみることにしました。取引は迅速に成立しました。貴金属投資を促進するこの新しいビークルは、市場のニッチなマーケットを切り開くかもしれないと考えています」とコメントしている。

なおロシアは、ロシア議会下院が国営の暗号資産(仮想通貨)取引所の設立へ向けて準備を進めていると現地メディアによって11月に報じられていた。

関連ニュース

円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、流通サプライチェーンで実証実験へ

日本円ステーブルコイン「DCJPY」が実証実験へ、給付金と電力取引で

円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ

ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始

武田薬品と三菱倉庫、ブロックチェーンで医薬品流通を可視化

参考:スベルバンク
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Galina-Vetertsovskaya

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資