ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始

ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更

国内暗号資産交換業者の株式会社ディーカレットが、Amber Japan(アンバージャパン)株式会社への社名変更を9月22日発表した。

また同社は社名変更と同時にデジタル資産プラットフォーム「WhaleFin(ホエールフィン)」日本版の国内提供開始を併せて発表した。なお「WhaleFin」は、アンバー・グループが海外で提供していた個人向けデジタル資産のオールインワンプラットフォームだ。

ディーカレットホールディングスは今年2月、同社の暗号資産交換事業子会社であるディーカレットの全株式を、WhaleFin Holdings Japan(ホエールフィンホールディングスジャパン)に譲渡していた。なおWhaleFin Japanは、グローバルに拠点を展開する暗号資産金融サービス事業者であるアンバー・グループ(Amber Group)の日本法人だ。

ディーカレットが進めていたデジタル通貨「DCJPY(ディーシージェイピーワイ)」事業については、子会社であるディーカレットDCPが継承し現在も事業を進めている。

またディーカレット提供の暗号資産取引サービスは継続されていたが、8月20日に取引所サービスを終了し、販売所サービスについては8月20日から9月21日まで取扱いを一時停止するとしていた。

今回国内で提供開始となった「WhaleFin」により、今までのディーカレットのサービスは廃止されたことになる。

「WhaleFin」では、日本円の入出金・暗号資産の送受と売買が行える販売所サービスを再開するとのこと。また貸し暗号資産(レンディング)サービスも今後展開する予定のようだ。他にも新規暗号資産のリスティング(上場)やNFTなどの取扱いも検討していくとのことだ。取引所サービスについては提供されないようだ。

また現在の「WhaleFin」日本版ではWeb版のみの提供となっており、スマートフォンアプリの提供時期については確定次第、改めて通知がされるとのことだ。

関連ニュース

ディーカレットのM&A背景、Amber Groupが日本へ参入した理由は?

ディーカレット買収のAmber Group、約230億円資金調達

ディーカレット、暗号資産交換事業撤退。アンバーグループへ全株式譲渡を発表

ディーカレット、暗号資産クアンタム(QTUM)取り扱いへ

暗号資産取引所「FTX」、リキッド買収で日本展開へ

参考:ホエールフィン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・Vladimir-Kazakov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/5話題】OasysがtofuNFTと提携、マスターカードがCrypto Secureローンチなど(音声ニュース)

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携、マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ、ブロックチェーンゲームのホライゾンが約58億円調達、SFTマーケをローンチへ、NFTの第3四半期売上高が急減、第2四半期比で60%減、スイスのルガーノ市、マクドナルドでビットコイン・USDT・LVGA支払可能に、フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始、FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ、バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ、Bリーグの青森ワッツ、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored