武田薬品と三菱倉庫、ブロックチェーンで医薬品流通を可視化

武田薬品と三菱倉庫が医薬品サプライチェーンを可視化

武田薬品工業と三菱倉庫が、ブロックチェーンを用いたデータプラットフォームを活用し、一部医薬製品の温度・位置情報を可視化する取組みを開始していたことが分かった。

この取り組みに利用されるデータプラットフォームは三菱倉庫開発の「ML Chain」とのこと。IBM社のブロックチェーン技術が採用されているとのことで、データの完全性と安全性を保持しながら、医薬品流通過程の各種情報を可視化し、輸送に関わる事業者間でリアルタイムに共有することが可能になると説明されている。

「ML Chain」は今年1月に武田薬品の「物流センター」から「医薬品卸倉庫」までの国内の流通経路で、「全製品」において運用を開始したとのこと。さらに今回発表された5月からの取り組みでは、サプライチェーンの川上の範囲を広げ、製品の「製造工場」である武田薬品の光工場から武田薬品の「物流センター」、そして「医薬品卸倉庫」への配送において、「一部製品」を対象に運用を開始したとのことだ。

武田薬品は「ML Chain」の取り組みについて、将来的にはオープンなプラットフォームとして、流通品質管理向上のみならず、偽造医薬品対策や在庫レベルの適正化、安定的供給の維持など、業界全体として医薬品流通の高度化に貢献するものと考えているとしている。

なお「あたらしい経済」編集部は、「ML Chain」採用のIBMのブロックチェーン技術について武田薬品に質問を行っている。こちらについて返答が得られ次第、この記事に追記する予定だ。

ただしIBMのブロックチェーンを採用した企業の過去事例を鑑みるとエンタープライズ向けブロックチェーン基盤「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)」が採用されている可能性が高いだろう。

以下2022.6.20追記

あたらしい経済編集部が武田薬品広報部へ確認を取ったところ、採用ブロックチェーンは「非開示」とのことだった。しかしプラットフォーム開発にIBMは関わっているという。なおIBMの他にブロックチェーン関連企業は開発には関わっていないとのことだった。

また同プラットフォームについて、「順次他の医薬品流通におけるステークスホルダー様にもご利用頂くことを想定して、設計開発しております」とコメントを得た。

関連ニュース

朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

クロニクルド、米国の医薬品問題対策に新たなワーキンググループを立ち上げ

IBMとモデルナが新型コロナワクチンのサプライチェーンをブロックチェーンで管理する計画発表

円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、流通サプライチェーンで実証実験へ

SBIとSOMPO、コルダ活用で中古車部品のトレーサビリティとサプライチェーンファイナンス実現へ

参考:武田薬品
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Who_I_am

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。