ファーストフード「チポトレ」、米国店舗でビットコイン・イーサ等の決済対応

ファーストフード「チポトレ」、米国店舗でビットコイン・イーサ等の決済対応

メキシカンスタイルのファーストフードチェーンのチポトレ(Chipotle)が、米国店舗で暗号資産(仮想通貨)による決済を受け入れを開始したことが6月1日に分かった。チポトレは欧米を中心に1800以上のを店舗を構える人気ファーストフードチェーンだ。

チポトレはデジタル決済プラットフォームのフレクサ(Flexa)と提携したことで、暗号資産決済に対応した。フレクサは、ビットコイン(BTC)やイーサリアムのイーサ(ETH)を含む約98の暗号資産をサポートしている。チポトレの顧客は、フレクサのアプリで決済することができる。

なおチポトレは暗号資産決済受け入れに際して、「次回購入から10%オフのキャンペーン」を実施をする予定だとのこと。また、フレクサは今後より多くの決済オプションを提供していくとしている。

参考:Flexa
images:iStocks/hapabapa・LongQuattro

デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ