朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

朝日印刷ら7社が医薬品のトレーサビリティ構築

東証スタンダード上場企業の朝日印刷らがブロックチェーンとRFIDを利用して、医薬品のトレーサビリティを実現するデモシステムを構築したことが5月18日分かった。

このシステムは朝日印刷の他、サトーヘルスケア、大成化工、藤森工業、マイクロ・テクニカ、UACJ、UACJ製箔の7社が参加する企業コンソーシアム「Tag 4 Link」による取り組みとなる。なお「Tag 4 Link」はRFIDを使った医薬品のサプライチェーン全体の安心・安全や業務効率化のしくみの実現を目的に2019年より活動している。

今回発表されたデモシステムは、医薬品の製造時に、薬剤を入れるボトルや薬液バッグ、錠剤シートなどにRFIDタグを埋め込み、その入出荷のデータをブロックチェーンで管理することで、医薬品のトレーサビリティや偽造品のチェックを可能にするものとのこと。

医薬品の種類、数量、ID、使用期限、入出荷時間、サプライチェーン内でどこに存在するかなどの情報を、製薬メーカーから病院・薬局までの間の各現場で、RFIDを使って読み込み・書き込みし、ひと続きのデータとして管理するという。

またRFIDリーダーを使うため、配送時の外箱を開けなくても、情報の一括読み取り、書き込みができ、入出荷業務を正確化・省力化できるとのこと。

発表によると、将来的に錠剤シートの開封検知機能と連携した、患者までを含めたトレーサビリティに拡張することを検討しているとのことだ。

なお「あたらしい経済編集部」が朝日印刷の開発部担当者に取材したところ、このデモシステムにはエンタープライズ向けブロックチェーン基盤のハイパーレジャーファブリック(Hyperledger Fabric)が採用されているとのことだ。

関連ニュース

国境なき医師団、医療記録保存にブロックチェーン活用

【取材】医療機器の物流改善にブロックチェーン、chaintopeが実証実験

日本医療推進財団、ブロックチェーンでのPCR検査結果証明書システムリリース

Digital Entertaiment Assetが医療システム提供のファインデックスと資本提携

ブロックチェーンが医療業界にもたらす恩恵 PoT #04-1 水島洋×コ・ウギュン(メディブロック)

参考:朝日印刷
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した