スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」

東急不動産とハッシュパレット、「ニセコパウダートークン」実証実験

東急不動産とHashPalette(ハッシュパレット)が、スキー場におけるアーリーエントリー権が付与されたNFT「ニセコパウダートークン」の販売予定を11月24日発表した。

この「ニセコパウダートークン」の保有者は、北海道倶知安町所在のスキー場「ニセコ東急 グラン・ヒラフ」にて、対象のリフト開場時間よりも前に入場し、その日誰よりも早く滑ることができる「ファーストトラック」が可能になるという。

このNFTはハッシュパレット運営のNFTマーケットプレイス「PLT Place」で、同社開発のブロックチェーン「パレットチェーン」上で発行されるNFTとして販売されるとのこと。

販売期間については12月1日~11日が予定されている。価格は5,000円前後を想定しているようで、決済はパレットトークン(PLT)もしくはクレジットカードが利用できるとのこと。また利用期間は12月24日〜2023年2月28日が予定されている。

「あたらしい経済」がハッシュパレットへ確認を取ったところ、購入できるNFTの日付は決まっているとのこと。また各日付のNFTは1つではなく複数が用意されているとのこと。その他詳細については今後情報公開されるようだ。

なお今回の取り組みはIoTやAI等を活用し課題解決をする実証的な取組みに対して支援を行う「北海道デジタルチャレンジ推進事業」に採択されたとのこと。またこの実証実験は東急不動産ホールディングスが長期ビジョン「GROUP VISION 2030」で全社方針として掲げる、DXによる新しい体験価値創出の取組みのひとつであるとのことだ。

東急不動産とハッシュパレットは今回の実証実験を皮切りに、リアルな体験価値とNFTを結びつけ新しい体験価値を提供するとともに、NFTを活用した日本の観光資源と不動産の価値向上に共同で取り組んでいくとしている。

関連ニュース

ハッシュパレットと前澤友作氏の「MZ Cryptos」、パートナーシップ締結

東急不動産とHARTi、東急プラザ渋谷でNFTとコミュニティに関する実証実験

丹青社と三井不動産、渋谷「MIYASHITA PARK」でNFT販売実証実験へ

マイクリNFTが「ふるさと納税」返礼品に、北海道余市町

HARTiが札幌PARCOでNFTプレゼント企画実施、北海道の商業施設では初の試み

参考:東急不動産
デザイン:一本寿和
images:iStocks/sumkinna・Ski_Baby

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した