【取材追記】ビットバンクがカルダノ(ADA)取り扱いへ、ネイティブトークンで

ビットバンクがカルダノ(ADA)取り扱いへ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンク(bitbank)が、暗号資産カルダノ:Cardano(ADA:エイダ)の取り扱い予定を9月29日発表した。国内暗号資産交換業者としては10社目の取り扱いとなる。

ビットバンクでのADA取り扱いは近日中に開始されるとのことで、発表日から「おおむね3営業日後」に予定しているとのことだ。なお対応チェーンは「Cardano」とのことで、ネイティブトークンのADAがサポートされる。

またビットバンクではADAを現物取引所(板取引)およびレンディングサービス「暗号資産を貸して増やす」にて取り扱うとのこと。

現物取引所における取引ペアはADA/JPYで、最小注文数量/取引単位は0.0001ADA、指値の場合の最大注文数量は2,000,000ADAとなっている。

またレンディングサービスの募集開始日はADAの取扱開始日と同日を予定しているとのことだ。なおビットバンクの「暗号資産を貸して増やす」では、ビットバンクとユーザーが暗号資産の消費貸借契約を締結し、ユーザーが最大年率3%の暗号資産を1年後に受け取ることができるサービスだ。

なおADAが予定通り上場すれば、ビットバンクは合計20銘柄の暗号資産を取り扱うことになる。

現在ビットバンクの現物取引所では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、シンボル(XYM)、チェーンリンク(LINK)、メイカー(MKR)、ボバネットワーク(BOBA)、エンジンコイン(ENJ)、ポリゴン(MATIC)、ポルカドット(DOT)、ドージコイン(DOGE)、アスター(ASTR)の取引が行われている。

なおその他にもフレア:旧名スパーク(FLR)の取り扱い予定も発表されており、現在上場待ちの状況だ。

ビットバンク事業開発部担当者へ取材

「あたらしい経済」編集部がADAの取り扱い理由について、ビットバンク事業開発部担当者へ取材したところ、以下の回答が得られた。

カルダノは、スケーラビリティ、相互運用性、サステナビリティの実現を目指す、スマートコントラクトプラットフォームです。ADAコインは、ブロックチェーンの安全性と分散性の向上を目的としたステーキングに使用できるだけでなく、プラットフォーム上のさまざまなアプリケーションやサービスにも使用されることが想定されています。

2017年9月より稼働を開始したカルダノは、高い技術力を誇ることで広く知られており、世界中に多くのファンを持つプロジェクトです。bitbankでは、カルダノ(ADA)についてより多くの方に知っていただき、新たな取引機会を提供するために、選定を行いました。

関連ニュース

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入

ビットバンク、イーサリアム「マージ」による「ETHW」対応方針を発表

SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から

【取材】ビットバンク、ソラナ(SOL)基盤のオラクルと提携

【取材】ビットバンクと三井住友トラストが暗号資産カストディ事業、デジタルアセット信託会社設立へ

参考:ビットバンク
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で