【取材】ビットバンク、ソラナ(SOL)基盤のオラクルと提携

ビットバンク、ソラナ(SOL)基盤のオラクルと提携

日本の暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンク(bitbank)が、ソラナ(SOL)基盤のオラクルネットワーク「ピス・ネットワーク(Pyth Network)」と提携したことを7月20日に発表した。

「ピス・ネットワーク」は、暗号資産、株式、FX、コモディティの市場データをDeFiの世界に供給するオラクルだという。そして現在「ピス・ネットワーク」は60以上の証券取引所、金融取引会社、暗号資産関連企業から価格データを調達し、オンチェーンで集約し、オフチェーンおよびオンチェーンで正確な市場価格を提供しているとのことだ。

ビットバンクの創業者兼CEOである廣末紀之氏は、次のようにコメントしている。

「タイムリーで透明性の高いデータは、金融分野における活発なエコシステムを作るための基礎となるものです。ピス・ネットワークは、DeFiにおいて信頼性の高い市場データ基盤を提供する可能性があると信じており、この取り組みに参加することを楽しみにしています」

加筆:7月22日11時40分

ビットバンク営業部フロントチームへ取材

あたらしい経済編集部は、ビットバンク営業部フロントチームへ取材を行った。

−Pyth Networkとは、具体的にどのような提携をしたのでしょうか?

Pyth Networkは価格フィードを流し、その対価としてデータ手数料の一部を獲得する”パブリッシャー”、それら価格フィードを読み、スマートコントラクトやdAppsにデータを組み込み活用する”コンシューマー”、特定のプライスフィードとパブリッシャーにトークンをステーキングし、オラクルが不正確な場合にそのステークを失う可能性と引き換えにデータフィーの報酬を得ることができる”デリゲーター”、という3つのタイプのプレイヤーで構成されています。この度ビットバンクはパブリッシャーとして、ネットワークにbitbankの価格データを配信する予定です。

−なぜPyth Networkとの提携を行なったのでしょうか?

暗号資産のオラクルは正確・即時的・公正な価格を配信する上で必要不可欠は存在であり、Pyth NetworkはDeFi/dAppsの領域にて次世代のオラクルモデルを構築するプロジェクトとして、多くの取引所や機関投資家により注目を集めております。ビットバンクもデータを配信することでそれら領域の発展に貢献する目的で参加を決めました。

−暗号資産の公正価値を評価する上で、現在オラクルはどんな役割を果たしているのでしょうか?

オンチェーンとオフチェーンのデータの接点であるオラクルは、それ自体がデータの集約点であるが故に、単一障害点になる可能性に加え、オラクルの運営会社が公正なデータを提供し続けているという信頼があって初めて成り立ちます。

従来の金融市場では特定のプレイヤーがライブとヒストリカルの両方の価格フィードに対する厳格な管理とアクセスを維持しており、最もタイムリーで正確、かつ価値のある情報にアクセスすることができるユーザーは限定されております。

暗号資産やブロックチェーンが目指す世界では、これらデータは特定のユーザーにのみ独占されるべきではないという思想に基づいており、それらを担保するために公正なルールと信頼のできるシステムを持ち合わせたオラクルの存在は必要不可欠になります。

参考:ビットバンク
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・shironosov

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored