クリスティーズ、オンチェーンオークションの「Christie‘s 3. 0」提供開始

クリスティーズが「Christie’s 3.0」提供開始

大手アートオークションハウスのクリスティーズ(Christie’s)が、NFTアートに特化したオンチェーン・オークション・プラットフォーム「Christie’s 3.0」を9月28日に発表した。

「Christie’s 3.0」はイーサリアム(Ethereum)基盤のプラットフォームとなっており、NFTの全取引がオンチェーンで実行されるとのこと。

また「Christie’s 3.0」でオークションされるNFTアートは、クリスティーズがキュレーションしたものとなっており、決済通貨はイーサ(ETH)が対応しているという。

なおオークションでNFTアートを入札する為には、メタマスク(MetaMask)やコインベースウォレット(Coinbase Wallet)などのデジタルウォレットを接続する必要があるとのことだ。

クリスティーズは「Christie’s 3.0」について「若手の新興アーティストを発掘し、国際的でデジタル技術に精通したマーケットに送り出します」とツイートしている。

オークション第1弾は、18歳のビジュアルアーティストであるダイアナ・シンクレア(Diana Sinclair)氏による9個の新しいNFTアートで、入札期間は9月28日から10月11日までとなっている。

なお「Christie’s 3.0」の開発はクリスティーズの他、米ブロックチェーン分析企業チェイナリシス(Chainalysis)、NFT作成ツール提供マニホールド(Manifold)、メタバースプラットフォーム提供スペーシャル(Spatial)が共同で行ったとのことだ。

クリスティーズは今までに、単一のNFTアート作品として最高額となるビープルの「EVERYDAYS:THE FIRST 5,000 DAYS」を販売している他、今年7月にはweb3ファンド「クリスティーズベンチャーズ(Christie’s Ventures)」の設立を発表している。

関連ニュース

アートオークション大手クリスティーズがweb3ファンド発表、LayerZeroへ出資

クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ

ビープル新作NFT、クリスティーズで約32億円で落札。NFTアート史上2番目の高額

クリプトパンクのNFTアート、クリスティーズにて約18.5億円で落札

BeepleのNFTアートがクリスティーズで約75億円で落札、デジタルアート史上最高額

参考:Christie’sChristie’s 3.0
images:iStocks/TennesseePhotographer

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored