クリスティーズ、オンチェーンオークションの「Christie‘s 3. 0」提供開始

クリスティーズが「Christie’s 3.0」提供開始

大手アートオークションハウスのクリスティーズ(Christie’s)が、NFTアートに特化したオンチェーン・オークション・プラットフォーム「Christie’s 3.0」を9月28日に発表した。

「Christie’s 3.0」はイーサリアム(Ethereum)基盤のプラットフォームとなっており、NFTの全取引がオンチェーンで実行されるとのこと。

また「Christie’s 3.0」でオークションされるNFTアートは、クリスティーズがキュレーションしたものとなっており、決済通貨はイーサ(ETH)が対応しているという。

なおオークションでNFTアートを入札する為には、メタマスク(MetaMask)やコインベースウォレット(Coinbase Wallet)などのデジタルウォレットを接続する必要があるとのことだ。

クリスティーズは「Christie’s 3.0」について「若手の新興アーティストを発掘し、国際的でデジタル技術に精通したマーケットに送り出します」とツイートしている。

オークション第1弾は、18歳のビジュアルアーティストであるダイアナ・シンクレア(Diana Sinclair)氏による9個の新しいNFTアートで、入札期間は9月28日から10月11日までとなっている。

なお「Christie’s 3.0」の開発はクリスティーズの他、米ブロックチェーン分析企業チェイナリシス(Chainalysis)、NFT作成ツール提供マニホールド(Manifold)、メタバースプラットフォーム提供スペーシャル(Spatial)が共同で行ったとのことだ。

クリスティーズは今までに、単一のNFTアート作品として最高額となるビープルの「EVERYDAYS:THE FIRST 5,000 DAYS」を販売している他、今年7月にはweb3ファンド「クリスティーズベンチャーズ(Christie’s Ventures)」の設立を発表している。

関連ニュース

アートオークション大手クリスティーズがweb3ファンド発表、LayerZeroへ出資

クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ

ビープル新作NFT、クリスティーズで約32億円で落札。NFTアート史上2番目の高額

クリプトパンクのNFTアート、クリスティーズにて約18.5億円で落札

BeepleのNFTアートがクリスティーズで約75億円で落札、デジタルアート史上最高額

参考:Christie’sChristie’s 3.0
images:iStocks/TennesseePhotographer

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ