クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ

クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ

大手アートオークション企業クリスティーズ(Christie’s)とNFTマーケットプレイス運営のオープンシー(OpenSea)が共同で12月にNFTオークションを開催することが11月25日に分かった。

今回のオークションは全ての取引がブロックチェーン上で行われるとのことだ。ユーザーは、オープンシーでイーサリアムのブロックチェーンを介して、クリスティーズがキュレーションしたNFTを購入することができる。

オークションは12月1日から3日まで作品の閲覧可能となり、12月4日から7日まで入札可能の予定だ。

また今回のオークションはクリスティーズのノア・デイビス(Noah Davis)氏、デジタルアートのコレクター兼キュレーターのロニー・ピロヴィーノ(Ronnie Pirovino)氏、Web3.0関連企業「nft now」がキュレーションしたNFT作品が展示されるとのことだ。

現在オークションに出品される作品として明らかになっているのは、アーティストのマッドドッグ・ジョーンズ(Mad Dog Jones)氏の「Forever」とトム・サックス(Tom Sachs)氏による「Miami Vice Rocket」だ。

また「nft now」のサイトによれば、ColdieとSnoop DoggやSarah Zuckerなどが作品を展示する可能性もあるようだ。

参考:クリスティーズ(Christie’s)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/AdrianHillman

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している