国内NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」、一般受付開始

Non Fungible Tokyoが一般受付開始

7月11日開催のNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo 2022」が、Peatixにて一般受付を開始した。

このイベントは2018年より株式会社グラコネの代表取締役であるミスビットコインこと藤本真衣⽒が発起人として始まった「Tokyo Blockchain Game Conference」の第5回目となるカンファレンスだ。今回はBlockchainPROseed主催となる。

当日は誰でも無料で参加できるオンライン配信もあるが、今回はリアル会場で参加するためのチケットの一般販売となる。価格は5,000円。会場は渋谷ストリーム ホールだ。

またチケット購入者は、「Non Fungible Tokyo」登壇者も参加する7月10日(日)開催の前夜祭イベント「NFTokyo 2022 EVE POKER PARTY」へ参加希望であれば、抽選で40名限定で招待もされるとのこと。なお場所、時間等は抽選後にメールで通知されるとのことだ。

公式Webサイト → https://nonfungible.tokyo

参加登録ページ(Peatix) → https://nftokyo2022.peatix.com/

関連ニュース

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」が一般受付開始

【CRYPTO BAR】ミス・ビットコイン来店!次のトレンドを大予想(株式会社グラコネ代表 藤本真衣氏)

メタバースで文化都市開発、「MetaTokyo株式会社」設立

デジタルデータの革命到来、 NFT(ノンファンジブル・トークン)とは何か?

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

参考:プレスリリース

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored