米マイクロソフト、アスター上でステーブルコイン発行の「AstridDAO」と提携

「AstridDAO」が「Microsoft for Startups」に採択

米マイクロソフト(Microsoft)が、米ドルステーブルコイン「BAI」発行の分散型マネーマーケットプロトコル「アストリッドダオ(AstridDAO)」と提携したことが5月24日分かった。

この提携の一環として、マイクロソフトが提供するスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に、アストリッドダオが採択されたと発表されている。

「Microsoft for Startups」はスタートアップ企業の企業規模を拡大成功することへの支援を目的とした、グローバルプログラムだ。同プログラムではスタートアップ企業に対し、AzureやGitHub Enterpriseなどのマイクロソフトが保有する強力なテクノロジーへのアクセスと、マイクロソフトやマイクロソフトのグローバルパートナーエコシステムとの共同販売への効率的なパスが提供されている。

アストリッドダオは今回の「Microsoft for Startups」採択により、マイクロソフトのテクノロジーやマーケティング、サポートなどを受け、市場参入を加速させるとのことだ。またアストリッドダオは、最大約4450万円(35万ドル)相当の資金を「Microsoft for Startups」より提供されるとのこと。

アストリッドダオは、日本発のブロックチェーン・アスターネットワーク(Astar Network)上に構築されたDeFi(分散型金融)プロジェクトだ。ポルカドット(Polkadot)エコシステムにおける主要ステーブルコインになることを目指しているプロジェクト。

ユーザーは暗号資産(仮想通貨)を担保に、アストリッドダオが発行する米ドルにハードペッグ(厳格な固定為替相場制)されたステーブルコイン「BAI」を金利0%で借り入れることができる。借り入れた「BAI」をもとに、ファーミングする(利回りを得る)ことで、アストリッドダオのプロトコルトークン「ATID」を取得できる。またさらに「ATID」をステーキングすることで「WASTR」と「BAI」を取得できる仕組みとなっている。

関連ニュース

日本マイクロソフト、ステイクのアスターと紫電のエコシステム構築支援

ステイクテクノロジーズ、マイクロソフトのスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択

Gaudiyが「Microsoft for Startups」に採択、NFTなどを使ったコミュニティサービス事業推進を目指す

アスター上で分散型金融の連合「DeCartel」結成、Starlay「LAY」トークンセールでマルチエアドロップも

参考:AstridDAO
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LumerB

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。