EY、ブロックチェーンのモニタリングツール「Reconciler」の製品版リリース

EYが「Reconciler」の製品版リリース

EYが、「EY Blockchain Analyzer:Reconciler(リコンサイラー)」の製品版をリリースした。EY監査チームがサポートを行い、EYの監査外のクライアントにも提供されるとのことだ。

なお「EY Blockchain Analyzer」には、「Smart Contract & Token Review(スマートコントラクト&トークンレビュー)」「Tax Calculator(タックスサーキュレーター)」があり、「Reconciler」は「EY Blockchain Analyzer」における3世代目のツールとなる。

「EY Blockchain Analyzer:Reconciler」は、ブロックチェーンのモニタリングとリコンシリエーション(調整)を行うもので、企業記録のインポートやオフチェーンの企業記録、オンチェーン取引の照合、ウォレット残高の追跡などの機能を提供するという。

今回の製品版リリースにあたり、ユーザーが取引を実行せずにアカウントの所有権を証明できるデジタル署名検証機能が新たに導入されているとのことだ。

対応するブロックチェーンは、初期段階ではビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)をサポートするとのこと。

なお今後はプルーフオブステーク(PoS)ネットワークにおけるステーキング報酬などに対応するなど、顧客のニーズに応えていくとしている。

利用については「blockchain.ey.com」より、「Solutions」→「Reconciler」を選択。そこから「Get started」に進み必要事項を入力することで申し込みが出来るようだ。なお利用価格については公開されていない。

関連ニュース

EYがポリゴンと協業、企業向けに「Polygon Nightfall」開発

EY、イーサリアム課題解決の新たなプロトコル「Nightfall 3」をオープンソース化

EY、ブロックチェーン領域へ約110億円の追加投資

EYが特許取得、ブロックチェーンを適用しサプライチェーンマネジメントを高度化(パートナー荻生泰之氏コメントあり)

EYが独自のブロックチェーンソリューションを中国へ本格展開

参考:EY
デザイン:一本寿和
images:iStocks/peterschreiber.media・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored