EY、ブロックチェーン領域へ約110億円の追加投資

EY、ブロックチェーン領域へ約110億円の追加投資

監査法人EYがブロックチェーンおよび暗号資産(仮想通貨)技術の研究、エンジニアリング、サービスに約110億円(1億ドル)以上の追加投資を行うことを発表した。

この追加投資は、EYが2020年9月に発表した「EY NextWave Strategy」に続くものとのこと。「EY NextWave Strategy」では2021年度にEYの人材、技術、監査に約1,600億円(15億ドル)を投資することなどが掲げられている。

EYの追加投資の目的は、トークナイゼーションやスマートコントラクトにより、複数の当事者による企業間取引が可能になる新時代に向けて、新製品の開発を加速させユーザーエクスペリエンスを向上させ、市場への導入を促進することのようだ。

またEYは「EY Blockchain Analyzer」を通じて、スマートコントラクトとトークン・レビュー・ツールの第2世代の一部として、取引などのシュミレーション環境を提供することも発表した。このサービスは、複雑なDeFiのスマートコントラクトエコシステムで使用されることが期待される複数の新機能をサポートしているとのことだ。具体的にはコンプライアンステストと従来のコードレビューが融合されたものを提供し、カスタマイズされたスマートコントラクトテストとメインネット取引のシミュレーションをサポートするとのこと。

EYグローバル会長兼CEOのカーマイン・ディ・シビオ(Carmine Di Sibio)氏は「過去5年間、私たちはブロックチェーンへの投資を行い、革新的なソリューションを開発しEYをこの新興産業のリーダーとして確立してきました。ブロックチェーンの導入が進みEYのクライアントからの需要が高まる中、クライアントの課題やニーズに応えるためのEYのさらなる投資に期待しています」とコメントしている。

参考:EY

(images:iStocks/Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定