FTX、「Project Galaxy(GAL)」上場

FTXがGALの現物と先物取扱い開始

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXが、暗号資産プロジェクト・ギャラクシー:Project Galaxy(GAL)の現物および先物の取引提供を開始することが5月5日分かった。

GALの取引は既に開始されており、現物の取引ペアについてはGAL / USDとなっている。また先物は、DEX(分散型取引所)パーペチュアルプロトコル(Perpetual Protocol)を動かすためのトークン「PERP」との取引ペアでサポートされる。

プロジェクト・ギャラクシーは、web3クレデンシャルデータネットワークだ。開発者やプロジェクトが、NFT及びデジタルクレデンシャルデータを活用して、web3におけるより良い製品やコミュニティを構築できるよう支援している。

GALは現在、バイナンス(Binance)やFTX、フォビグローバル(Huobi Global)、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やパンケーキスワップ V2(PancakeSwap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在の時価総額は約822億円となる(5/6 コインマーケットキャップ調べ)。

またGALはFTXの上場発表と同日5日に、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)でも上場している。

関連ニュース

米コインベース、「Project Galaxy(GAL)」上場

FTX、歩いて稼げるSTEPNの「GST」現物と先物取扱へ

米先物委員会、FTX提出デリバティブ取引精算システムの改正案検討へ

「Liquid by FTX」でポルカドット(DOT)上場

FTX、「Algorand(ALGO)」現物取扱へ

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も