バイナンス・a16z・フィデリティら、イーロンマスクのツイッター買収をサポート

バイナンス・a16z・フィデリティら、イーロンマスクのツイッター買収をサポート

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)やアンドリーセンホロウィッツらが、イーロン・マスク(Elon Mask)氏のツイッター社買収をサポートすることがSEC(米国証券取引委員会)の報告資料によって5月4日分かった。

バイナンスを含めた18社が今回の買収で合計約71億ドル(約9200億円)をサポートするとのこと。

なおバイナンスCEOのCZ氏は今回のマスク氏へのサポートについて「小さな貢献です(A small contribution to the cause.)」とツイートしている。

バイナンス、アンドリーセンホロウィッツに加え、フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ(Fidelity Management & Research Company LLC)、セコイア・キャピタル(Sequia Capital)、オラクル(Oracle)社の共同創業者ローレンス・ジョセフ・エリソン(Lawrence Joseph Ellison)氏、A.M.マネジメント&コンサルティング(A.M. Management & Consulting)、アリヤ・キャピタル・パートナーズ(Aliya Capital Partners LLC)、バムコ(BAMCO, Inc.)、ブルックフィールド(Brookfield)、DFJグロースIVパートナーズ(DFJ Growth IV Partners, LLC)、 ハニカム・アセット・マネジメントLP(Honeycomb Asset Management LP)、キー・ウェルス・アドバイザーズ LLC(Key Wealth Advisors LLC)、リタニ・ベンチャーズ(Litani Ventures)、カタール・ホールディング(Qatar Holding LLC)、ストラウスキャピタル(Strauss Capital LLC)、トレッサー・ブルバード 402(Tresser Blvd 402 LLC)、バイキャピタル(VyCapital)、ウィトコフ・キャピタル(Witkoff Capital)の合計18社がサポートする。

イーロン・マスク氏は4月25日にツイッター社を440億ドル(約5.6兆円)で買収することで合意していた。数億人のユーザーを抱えるツイッターの経営権はマスク氏に移り、ツイッターは非公開化する予定だ。ちなみにメディアCNBCの報道によれば、ツイッター買収完了後の数ヶ月間はイーロン・マスク氏がツイッター社の暫定的なCEOに計画があるという。

参考:SEC
images:ロイター

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored