アニモカ、「Need for Speed」の仏Eden Games買収

アニモカブランズ、仏モータースポーツゲーム開発会社を買収

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)が、仏ゲーム開発企業エデン・ゲームズ(Eden Games)を買収したことが4月11日分かった。なお買収額は明らかになっていない。

エデン・ゲームズは受賞歴のあるレースゲーム『Need for Speed』の開発で知られる企業。他にも『Porsche Unleashed』、『F1 Mobile Racing』、『Gear.Club』、『Test Drive』、『V-Rally』などのIP(知的財産権)がある。またBMW、ブガッティ、ポルシェ、ロータス、パガーニなど、30以上の自動車業界の有名ブランドと長期的なパートナーシップを結んでいる。

アニモカは今回の買収により、エデン・ゲームズの専門知識と能力を活用し、アニモカのP2Eモータースポーツゲームプラットフォームである「REVV・モータースポーツ(REVV Motorsport)」内の既存の『MotoGP Ignition』や『REVV Racing』などや新規タイトルへの取り組みが行われるとのこと。またその他のブロックチェーン基盤の新しいレースゲームもリリースする予定だという。

この新しくリリースする予定のゲームでは、今年3月に運営終了したアニモカ・ブランズのブロックチェーンゲーム「F1 Delta Time」で利用できなくなった「NFTレースパス」やその他のNFTが利用できるということだ。

アニモカは2月にもモータースポーツゲーム開発企業を買収している。買収したのはホンダや日産、トヨタなどのグローバルな自動車メーカーにサービスを提供する、ゲーム開発会社兼パブリッシャーのグリース・モンキー・ゲームズ(Grease Monkey Games)だ。この買収もアニモカ・ブランズのREVV・モータースポーツ(REVV Motorsport)エコシステムに関する取り組みによるものだった。

関連ニュース

アニモカの「F1Delta Time」がライセンス更新できず、運営終了へ

アニモカブランズ、モータースポーツゲーム開発会社を買収

eスポーツの「Community Gaming」が約19億円調達、アニモカやバイナンスらから

アニモカと韓国CUBE合弁会社、K-POPアーティスト動画NFTをエアドロップへ 三菱UFJ銀行がNFT事業参入へ、アニモカブランズと協業=報道

アニモカブランズとBrinc、ギルド・アクセラレータープログラム立ち上げ

参考:アニモカ・ブランズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis・LeArchitecto

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored