BABYMETAL、NFTスニーカー販売へ。1SECとコラボで

BABYMETALがNFTスニーカー販売へ

アーティストのBABYMETALが、NFTで発行されたバーチャルスニーカーを限定10足販売することが4月4日分かった。

このNFTスニーカーは、1SEC(ワンセック)が展開するデジタルファッションレーベル1BLOCKとのコラボレーションによるもの。

4月7日22時(日本時間)より大手NFTマーケットプレイスであるオープンシー(Opensea)にてオークション形式で販売されるという。なお開始価格は0.1ETH。オークションの終了は4月11日14時の予定となっている。

発表によるとこのNFTスニーカーは、BABYMETALが4月1日に発表したバーチャルワールド「METALVERSE(メタルバース)」 を舞台にしたプロジェクト「THE OTHER ONE」の世界観にリンクしたデザインとなるという。

またNFTスニーカーの購入者には、バーチャルワールドで着用可能なシューズやフィジカルのスニーカーもいずれかのタイミングで付与が予定されているとのことだ。

BABYMETALは昨年5月、自身初となるNFTトレーディングカードの販売を行い、わずか数分にて完売している。また昨年9月には第2弾NFTトレカの販売も行った。第1弾・第2弾ともにWAXのブロックチェーンを使用し、アメリカの特設サイトを通じて販売が行われたが、クレジットカードもしくは、PayPalで購入することが可能だった。

今回は現状クレジットカード決済未対応のオープンシーで販売が行われるため、購入にはイーサリアムが必要となる。

なお今回BABYMETALがコラボする1SECでは、昨年4月に日本初のNFTバーチャルスニーカー「AIR SMOKE 1」を発売し、5ETH(当時価格約140万円)で販売した実績を持つ。その後、雑誌「NYLON JAPAN」とコラボしたNFTバーチャルスニーカーのオークションやスニーカーショップ「atmos」とコラボしたNFTの販売も行っている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

BABYMETALのNFTトレカ、数分で即完売

BABYMETAL、第2弾NFTトレカを数量限定で販売へ

ジミーチュウがNFTリリースへ、限定作には実物スニーカーも

1SECと雑誌「NYLON JAPAN」、バーチャルスニーカーNFT「AIR BUBBLE 1」発売

歩くと稼げるSTEPN、第1四半期で利益が約33億円相当に、「GMT」バーンも予定

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored