1SECと雑誌「NYLON JAPAN」、バーチャルスニーカーNFT「AIR BUBBLE 1」発売

1SECと雑誌「NYLON JAPAN」、バーチャルスニーカーNFT発売

株式会社1SEC(ワンセック)が、オークション機能付きNFTマーケットプレイス「1Block Shop」のローンチを8月27日に発表した。

「1Block Shop」は、1SECがCryptoGames株式会社と共同開発したデジタルファッションNFTマーケットプレイス。WETH(​Wrapped ETH)によるオークション機能やクレジットカード決済、SNSログインなどの機能を持つ。

また「1Block Shop」にて、ファッション雑誌「NYLON JAPAN」とデジタルファッションレーベル「1Block」のコラボバーチャルスニーカーNFT「AIR BUBBLE 1」のオークション販売も発表された。

「AIR BUBBLE 1」〜「1Block Shop」サイトより

この「AIR BUBBLE 1」は「1Block Shop」に加え、NFTマーケットプレイスの「OpenSea」、「Rarible」でオークション販売される。 2021年8月27日12時販売、終了予定日時は9月5日11時59分となっている(ともに日本時間)。現在各サイトで販売開始が確認でき、オークション開始価格は0.25ETHとなっている。

1SECのこれまでの取り組み

今年4月22日に1SECは、バーチャルスニーカー「AIR SMOKE 1™」を「OpenSea」および「Rarible」において、5ETH(売却時価格約140万円)販売した実績がある。また8月24日にはスニーカーショップ「atmos」ともコラボバーチャルスニーカの販売を発表している。

デジタル化される著名人とのコラボ

1SECは、バーチャルヒューマンを作成するAIヒューマン事業も手がけている。過去に水嶋ヒロ氏、ホリエモンこと堀江貴文氏のバーチャルヒューマンを作成している。

今回発表されたようなデジタルファッションアイテムはコレクションするほか、前述のようなバーチャルヒューマンや、メタバース上のアバターが実際に着用するなどの展開が想定でき、今後の市場拡大が期待されている分野だ。

参考:1SEC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Fugacar

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない