インドネシア、暗号資産に付加価値税と所得税

インドネシアが暗号資産に付加価値税と所得税を課税へ

デジタル資産取引ブーム背景で、インドネシア税務当局が、同国での暗号資産(仮想通貨)取引について、付加価値税(VAT)とキャピタルゲインへの所得税をそれぞれに0.1%課す予定であることを4月1日発表した。

東南アジア最大の経済圏では、新型コロナウィルス感染症の大流行時にデジタル資産への関心が急上昇し、2021年末までに暗号資産保有者数が1100万人に跳ね上がったという。

昨年の商品先物市場における暗号資産の取引総額は859.4兆ルピア(598億ドル)に達し、2020年の取引額の10倍以上に増加したことが、商品先物取引規制庁のデータで示された。

なおインドネシア人は暗号資産を商品として取引することは認められているが、支払い手段として利用することはできない。

「暗号資産は貿易省の定義する商品であるため、VATの対象となります。それらは通貨ではありません」、「だから、我々は所得税とVATを課すことになります」 と当局のヘストゥ・ヨガ・サクサマ(Hestu Yoga Saksama)氏がメディアブリーフィングで語った。

政府はまだ税金の施行規則に取り組んでいると、彼は付け加えた。

暗号資産にかかるVATの税率は、インドネシアのほとんどの商品やサービスにかかる11%を大きく下回り、キャピタルゲインにかかる所得税は取引総額の0.1%と、株式にかかるものと同じ税率となっている。

当局によると、昨年成立した広範な税法が暗号資産への課税の法的根拠となったとのこと。この法律は新型コロナウィルス感染症の余波で打撃を受けた歳入を最適化することを目的としたものだ。

(1ドル=14,367ルピア)

関連ニュース

インドネシア中銀がデジタル・ルピアの導入を計画

インド、仮想通貨やNFTに30%課税へ。デジタル資産を最高課税帯に

エルサルバドル、外国人投資家のビットコイン投資利益を非課税へ

「暗号資産を20%申告分離課税に」JCBAとJVCEAが2022年度税制改正要望書公表

韓国規制当局、暗号資産売却益を2021年より20%課税か 

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです

 Indonesia to impose VAT, income tax on crypto assets from May
Reporting by Stefanno Sulaiman; Editing by Gayatri Suroyo and Clarence Fernandezi
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道