ブラウザ「オペラ(Opera)」がビットコイン、ソラナ、ポリゴン、セロなど8チェーンに対応

Web3ブラウザ「オペラ(Opera)」が8ブロックチェーンに対応

Webブラウザのオペラ(Opera)が、これまでのイーサリアムに加え、新たに8つのブロックチェーンに対応したことが3月30日に分かった。

発表によると新たに対応したブロックチェーンは、ソラナ(Solana)、ポリゴン(Polygon)、スタークウェアー(Starkware)/ スタークイーエックス(StarkEx)、セロ(Celo)、ネルボス(Nervos)、IXO、ローニンネットワーク(Ronin Network)、ビットコイン(BTC)とのことだ。

これによりユーザーは、オペラから各チェーンのエコシステム及びDapps(分散型アプリケーション)にアクセスできるようになるとのこと。なおAndroid版アプリのみの対応になっている。

各チェーン対応について「複数のブロックチェーンと特にレイヤー2の統合は、チェーンに捉われず環境に配慮した形で、何百万人ものユーザーをシームレスにWeb3に乗せることを実現するというオペラのミッションにおける重要な戦略です」と説明されている。

またオペラが1月にローンチしたパブリックベータ版のWeb3ブラウザ「Crypto Browser Project」からは、ポリゴンのDappsにアクセスできるとのことだ。

なおオペラは2月にスタークウェアー(Starkware)のレイヤー2ソリューションを採用する分散型取引所(DEX)のディヴァースファイ(DeversiFi)と統合している。これによりオペラはガス代をゼロにして、数百万人のモバイルユーザーに対して、即時取引を導入できるようになったとのことだ。

関連ニュース

オペラ(Opera)モバイルブラウザがイーサリアムL2に統合、DEXに接続へ

Web3ブラウザ「オペラ」、ポリゴンと統合へ

Operaが米国でApple Payで直接ビットコインやイーサリアムを購入できる機能を追加

参考:オペラ
デザイン:一本寿和
images:iStock/SiberianArt・Molnia

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した