Operaが米国でApple Payで直接ビットコインやイーサリアムを購入できる機能を追加

Operaが米国でApple Payで直接ビットコインやイーサリアムを購入できる機能を追加

ノルウェー拠点のOpera Software ASAが、同社提供のWeb3ブラウザOperaにおいて、米国ユーザー向けにApple Payもしくはデビットカードを利用して直接ビットコインやイーサリアムを購入できる機能を追加したことを3月17日同社プレスリリースにて発表した。

Operaは、仮想通貨ウォレットを搭載しサードパーティ製のプラグインなしでDAppsを実行する機能を持つWebブラウザ。

今回発表のあった同機能は、OperaのAndroid版、iOS版、デスクトップ版(Windows.Mac.Linux)のすべてのブラウザで利用が可能となる。

同機能提供にあたりOperaは、米国の仮想通貨ブローカー企業であるWyreと提携。これによりOperaに搭載されているウォレットから、iOS版ではApple Payで、その他ブラウザではデビットカードでビットコイン(BTC)またはイーサリアム(ETH)を購入することができるようになった。

同機能によってユーザーは、最低1ドルから仮想通貨を購入でき、1日の上限は250ドルとなるようだ。

Wyre社のAppleデバイス向けソリューションは、Apple Payとシームレスに連携し、仮想通貨購入のためのアカウント作成には30秒もかからないとのこと。

なお同機能は、米国以外の国でも早急に対応する予定とのことだ。

編集部のコメント

Operaはウォレット搭載していることで、一部のブロックチェーンゲームをプレイする際にサードパーティーウォレットを介さずシームレスにプレイができ便利であるとの声もあがっています。さらにETHが直接購入できるとなれば、一つのブラウザで完結することになるので、さらにUIの向上が見込まれると考えます。日本では規制の問題で、この機能の早い段階での対応は難しいものとなりそうですが、今後日本でも同機能が追加されることを期待します。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/22の話題】FTXの企業評価額が約2.8兆円へ、ビットコイン先物ETFが米国3例目の承認など(音声ニュース)

FTXが約480億円調達、設立2年で企業評価額は約2.8兆円へ、ヴァルキリーのビットコイン先物ETFが今夜取引開始へ、米国3例目の承認、テキサス州消防士年金基金、ビットコインとイーサに約28億円投資、AP通信とチェインリンク、経済やスポーツデータをブロックチェーンに記録・提供へ、FundsDLTとUBS証券ら、投資ファンド分配モデルの概念実証に成功、米NFT企業キャンディデジタル、ソフトバンクらから約114億円調達。評価額約1,700億円に、クラーケングローバル、KusamaパラチェーンのBifrost(BNC)上場へ、国内アメフト界初のクラブトークン発行「アサヒビールシルバースター」がFiNANCiEで