PitPa、ダイナミックNFT会員証サービスを伊藤穰一ポッドキャストに導入

PitPaのNFT会員証が伊藤穰一氏のポッドキャストに導入

ポッドキャストのコンテンツ制作などを行うPitPa(ピトパ)が、独自開発の「Dynamic NFT」を活用した会員証サービスを提供開始したことが3月28日分かった。

なおこのサービスは、PitPa制作の伊藤穰一氏のポッドキャスト「JOI ITO’S PODCAST -変革への道-」に導入されているとのことだ。

同社発表の「Dynamic NFT」とは、NFT発行後も特定の条件に合わせて「NFTの表示仕様」を変化させられる技術とのこと。これによりポッドキャスターとリスナーが双方向でコミュニケーションをとることが可能になるとしている。

具体的には、ポッドキャストの聴取頻度や採用されたお便りの数、リスナーの貢献度に応じて表示されるポイント数やステータスなどが、NFTと紐づいて画像で変化していくとのことだ。

また「JOI ITO’S PODCAST ―変革への道-」では、「Dynamic NFT」会員証である「HENKAKU Membership NFT」を提示することで、ポッドキャストのリスナーを中心に構成されるDiscordのコミュニティー「HENKAKU Discord Community」に出入りができるとのこと。またその他にも会員限定のイベントやパーティの入場券としても使用できるという。

すでにNFT会員証の保有者のみが入場できるクローズドイベント「HENKAKU BAR」も今月実験的に開催されている。入場の際には会場入り口にあるQRコードをスマートフォンで読み取り、認証ページ起動してNFTを保有しているかをチェックしたようだ。なお入場料についてもコミュニティで発行したトークン「$HENKAKU」で事前決済を実施したようだ。

なお「$HENKAKU」は、円やドルなどの通貨には交換できないトークンであり、コミュニティ内で「お手伝い」などを行った感謝の気持ちとして使用されているという。「$HENKAKU」発行のブロックチェーンはポリゴン(Polygon)が採用されている。

またこのNFT会員証の開発は、「HENKAKU Discord Community」メンバーの中から有志で集まったエンジニアを中心に行われたとのこと。伊藤穰一氏のポッドキャストのテーマの一つでもある「オープンソース」の精神に基づき、ソースコードは公開され、この技術を応用したい人々に共有をしながら、さらにプロジェクトの波及効果を広げていきたいと発表されている。

PitPaは「JOI ITO’S PODCAST ―変革への道-」が「Dynamic NFT」会員証を導入したことにより、視聴者の帰属意識を高めるだけでなく、これまで視聴者が抱いてきたポッドキャストに対する思いや熱量をポイントや称号を与えることで可視化することが可能となったと説明している。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

内村航平、引退記念デジタルアートNFT販売へ

ジャニーズがブロックチェーンでチケット管理。「JOHNNYS’ Experience」公演で実証実験

三菱UFJ信託銀、優待等を対象としたNFT発行プラットフォーム「Progmat UT」とウォレットの開発を発表

【取材】サッポロビールがブランドトークンやNFT発行、24karatがFLOW活用プラットフォームで支援

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より


デザイン:一本寿和
images:iStocks/Smederevac・inkoly

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored