ジャニーズがブロックチェーンでチケット管理。「JOHNNYS’ Experience」公演で実証実験

ジャニーズがブロックチェーンでチケット管理実施へ

ジャニーズ事務所が、ブロックチェーン技術を活用した新しいチケット・入場システムの実証実験を行うことが3月1日分かった。

5月3日から6月5日まで開催される東京グローブ座「JOHNNYS’ Experience」公演にて実施するとのこと。

発表によるとこの実証実験は、不正入場やチケット不正転売の防止を目的としている。

新システムで発行されたチケットは複製できない他、「ブロックチェーンを活用することでチケットの流動を主催者側で把握することが可能」とジャニーズは説明している。

ジャニーズが今まで発行していたデジタルチケットは、複数人で入場する場合、チケットは代表者が管理し全員が揃わないと入場できなかった。またチケットは当選者以外へ譲渡ができない仕組みだった。

今回の新しいシステムでは、チケットの流動を入場まで主催者側が管理できるため、代表者が同行者へデジタルチケットを分配することや、来場が困難になった場合には「ジャニーズジュニア情報局」に入会している家族や友人であれば譲渡が可能になったとのこと。

なお「ジャニーズジュニア情報局会員」は、情報局が取り扱うチケットの優先申込やオンライン会員証・デジタル会報の発行、番組協力の申込などが受けられる会員サービスだ。

新システムのアプリ準備方法などの詳細は3月下旬~4月上旬に案内する予定とのことだ。

ジャニーズでは以前よりチケットの転売対策や所属タレントの肖像権保護などに力を入れている。また令和元年6月14日から施行された「チケット不正転売禁止法」に則り、前述したような仕組みや、本人確認のために会員証と身分証明書の提示を徹底するなどの対策を行っていた。

なお「あたらしい経済」編集部はジャニーズ事務所に対し、今回の実証実験で採用したブロックチェーン基盤について問い合わせを行っている。返答が得られ次第、この記事に追記させていただく予定だ。

以下2022.3.9追記

ジャニーズ事務所よりメールの返信はあったものの、「まことに恐れ入りますがお答えしかねます」とのことで、採用したブロックチェーン基盤についての回答は得られなかった。

関連ニュース

エイベックス・テクノロジーズ、オンラインライヴチケットにNFT導入

プレミアリーグのウェストブロム、ブロックチェーンのチケットシステム導入

アメフトNFL、NFTでバーチャル記念チケット販売

サプライチェーンを変革する、ブロックチェーンのトレーサビリティ

参考:ジャニーズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Nikolay-Tsuguliev

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored