プレミアリーグのウェストブロム、ブロックチェーンのチケットシステム導入

プレミアリーグのウェストブロム、ブロックチェーンのチケットシステム導入

イギリスのプレミアリーグ所属のプロサッカークラブである「ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC(West Bromwich Albion FC:WBA)」が、チケットエンゲージメントプラットフォームのセキューティクス(SecuTix)と提携し、ブロックチェーン基盤のチケット販売プラットフォーム「TIXnGO」とチケット管理ソリューション「SecuTix360」の導入を7月1日発表した。

発表によると、「TIXnGO」のブロックチェーンテクノロジーはスマートフォン向けの独自の完全追跡可能な暗号化チケットを作成する。これにより、チケットの偽造のリスクが排除され、ファンは簡単かつ安全に譲渡または再販できる。

またWBAのオペレーションディレクターであるマーク・メイヤーズ(Mark Miles)氏は「ファンの経験と参加はSecuTixプラットフォームの中核であり、この相互接続の性質が私たちの価値を本当に引き付けます。今後数年間でSecuTixと協力して、現在および新しい応援者のために総合的なチケット体験を改善できることをうれしく思います」と述べていた。

なお今回導入したシステムは2021-22シーズンに実装されるとのこと。

関連ニュース

イギリスのクリケットチームがブロックチェーン基盤のチケットシステムを導入

参考:Secutix
デザイン:一本寿和
images:iStocks/koyu

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達