内村航平、引退記念デジタルアートNFT販売へ

内村航平選手が引退記念にNFT販売へ

プロ体操選手の内村航平氏が現役引退を迎えるにあたり、NFTアート作品の販売を行うことが3月11日分かった。

発表によると今回のNFTは、似顔絵の世界大会である「ISCAカリカチュア世界大会2016」で総合優勝した田村大氏が手掛けた作品と内村航平氏のサイン入り現役最後の演技動画の2種類とのこと。

田村氏の作品「Memorial Art of Gymnastics Legend -KOHEI UCHIMURA × DAI TAMURA-」は、販売数1点でNFTマーケットプレイスのオープンシー(Opensea)にてオークション形式で販売。決済はイーサリアムとなる。オークション期間は3月17日21:00より1週間が予定されている。なお予定最低入札価格は400万円相当のETH(イーサリアム)とのことだ。

また演技動画のNFT「内村航平NFT名誉会員証 with LIVE Sign.」は、3月12日に開催された「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」で演技した内村航平氏の現役最後の体操6種目の動画と、直筆映像、メッセージ動画一式をデジタルフォトフレームにセットにしたもので、3月下旬より300点限定で販売するとのこと。

こちらについてはクレジットカードによる定価販売で予定価格は8万円とのこと。ブロックチェーンについてはLINEの「LINE Blockchain」を採用しているとのことだ

両作品ともに、3月11日夜に公開される予定の特設サイト「KOHEI UCHIMURA PROJECT」より直接販売ページにアクセスできるとのこと。

なお「あたらしい経済」が広報担当者へ確認を取ったところ、田村大氏が手掛けた作品は実物の作品をデジタル化しNFTアートとして販売するとのこと。実物の作品は内村航平氏にプレゼントされるという。なお同マーケットプレイスでの作品の2次流通以降は、販売元へ収益還元されるコントラクトも組んでいるとのことだった。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

RIZINのNFTマーケットプレイスを解説 スポーツ×NFTの可能性とは?

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

バイナンス、セリエAラツィオのファントークン発行へ。激化するか? スポーツとトークン市場

競争激化する「スポーツ×NFT」、ダッパーラボが約270億円調達と、スペインサッカーリーグと提携を発表

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。